レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■異国をイメージしよう!


先月から私の担当するジャズダンスのクラスでは、フアネスという人の曲を使っています。

Juanesと書きます。

この方はコロンビア出身の歌手で、たいへんなハンサムボーイ。

コロンビアといえば、スペインの植民地だったので公用語はスペイン語で、この方の歌の歌詞もスペイン語です。


clase de amor という曲を使わせて頂いて、振付をしています。


曲の感じは、歩くようなテンポで、ジャズダンスに使うには少しゆっくり目かと思います。

歩くテンポといっても、舗装を颯爽と歩くのではなく、砂漠を踏みしめるように歩くような感じでしょうか・・・

歌はわりと静かに始まりますが、異国情緒たっぷりの伴奏、しっかりとリズムを刻み、歌は次第に盛り上がっていきます。

物悲しいメロディーで、せつないけど力強い歌声!


私のイメージでミュージックビデオにしたなら・・・





ある若い男が砂漠を歩いている。

ぐっ、ぐっ・・と砂を踏みしめながら・・・

背中に重そうな荷物を背負って。

背中に・・・といってもリュックではなくて、麻の袋に紐を通したようなもの・・

そして、額には汗。


恋に破れた彼は、あてもなく旅に出たのだ!(ここ重要)


ただただ力強く歩き続ける!

そうしないと、考えないようにしても、別れてしまった美しい彼女を思い出してしまうから・・


だけど・・・やっぱりどうしても思い出してしまう。

思い出すと涙が!


彼はこみ上げる涙を振り払うように、大きな声で歌う。






こんな感じ。



それで、このような思いで踊りを一生懸命考えまして、先月から指導をしています。

二ヶ月練習して終わろうと思っていて、先週二ヶ月目に入りました。


みんな一生懸命練習してくれて、良かった~~

私の思いが伝わったのかしら~~?なんて思っていたら、割と年配の方にこう言われました。


「先生、この歌は外国の歌ですか?」と。

それで、そうですよ~日本語には聞こえないでしょう?なんて答えたのですが、その方が

「演歌かと思った」とおっしゃったので絶句してしまいました。


私のイメージはガラガラ・・・と崩れ去り・・・


後から考えても、どうしてこの曲が演歌に聞こえるのだろう??と不思議で仕方ありません。

他の若い人に聞いてみたら「演歌には聞こえませんよー」と・・・

まぁ、よしとするか・・・



でも、まだ不思議で、どんな演歌に似ているのか考えてみました。

砂漠を歩くようなテンポで、リズムを刻んでいくような演歌なんてありますかね??


私はグーで膝を叩きながらそのテンポを刻み、それに合う演歌を探しました。

すると、あった・・・かも知れない・・・

そのテンポに合う演歌は、



ズン!!ズン、ズン、ズンドコ!キヨシ!





かもしれません(T_T)




レオタード通販のミラー