レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■目に炎!


先週のレッスンの事でした。

小学校1年生から6年生までのクラスで、私はアシスタントとして働いています。

でも、その日は、メインインストラクターの先生が用事でお休みだったのです。

それで、私がレッスンを代行する事になりました。


ストレッチとちょっとしたステップ、そして最後にコンビネーションという組立で、大人のジャズダンスのレッスンとそれほど内容は変わりません。

私は、毎週やっている事を中心に、少し変化を加えながらレッスンしようと思っていました。

そして、その日が来たので、計画通りにレッスンを進めたのです。

私がメインの代行をし、私の代わりに幼稚園クラスの先生がアシストに入ってくれました。


1時間のレッスンを2本だったのですが、少々大きくなりかけた子供相手のレッスンは、本当に難しいものだな~と痛感させられた2時間でした。

なぜか?と言いますと、いつも私はアシスタントですので、補佐をする役目です。

普段は、メインの先生が行き届かないところを私がフォローする形でレッスンを進める訳ですが、良い子も悪い子も普通の子も、それなりに私の言うことを聞いてくれます。


ところがどうでしょう!

その日は、アシスタントのはずの私がメインでレッスンをするものですから、子供としては、どうも素直に言うことを聞くわけには行かないようなのです。

小学生の低学年までは、素直に言うことを聞いてくれるのですが、高学年になればなるほど、態度は悪くなっていきます。

とにかく、一度で動いてくれないのです。

「立って」と一度言ったら、低学年はすぐに立つのですが、高学年は、絶対に動こうとしません。

同じことを2度、3度と言って、やっとノロノロと動き始めます。


あーこれが反抗期というものなのだろうか・・・と思いました。

その態度をまともに受け止めていると、本気で腹が立ってきます。

でも、ただ一度の代行ですから、ここでもめても仕方ありません。


当たり障りなくレッスンを終えて、なんだか嫌な気持ちで家に帰りました。


後日、その日アシストに入ってくれた先生とその時のことを話す機会がありました。

「あの時高学年の子達、態度悪かったよね~~、どうしてだろう??」と私が言うと、その先生はこう言ったんです。

「今日は副担だから、楽しよ~ぜ~、っていう気持ちだったんでしょうね・・」と!


はーなるほど!

私も納得しましたが、それと同時に見下されているように感じて、また腹が立ってきました。


実は、そのクラス、来年度は私がメインで担当することが決まっているのです。

4月からはガッツリしごいて、なめた態度なんて絶対にとらせないぞぉ!!


と、大人気なく燃えている私です・・・






レオタード通販のミラー