レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■死力を尽くすとはこの事?


昨日、兼ねてから準備していました、子供達の発表会が無事に終わりました。

前日の舞台での場当たりや本番通りの練習、そして当日と、二日間、本当に戦いのようでした!


覚悟はしていましたが、小さな子供達の発表会は、想像をはるかに超えたもので、今振り返っても、あまりに凄まじすぎて、何が起こったのかよく思い出せないほど・・・


大人は、本番当日の緊張を緊張として自分で分かるからよいのですが、子供は当日の自分の感じがいつもと違う事、それが緊張感というものであるという事を理解できないようです。

そのせいで、いつも良い子のはずが、とんでもなく騒ぎまくったり、いつも仲良しの二人が喧嘩したり、少し大人びてきたな・・と感じ始めていた子供が、また幼く聞き分けのない子供に戻ってしまったりするのです。


当日はそのような感じになるとは、あらかじめ聞かされていたので、びっくりはしなかったけれど、対応には戸惑ってしまいました。

幸いな事は、緊張のあまり具合が悪くなってしまう子供がいなかったことでしょうか。



いつもは三人でレッスンをしているのですが、会場に入るとその日のためにお手伝いの方が二人来てくださいました。

それに、子供のお母様たちも慣れている方は率先して手伝った下さったりして、助かりました。

本当に、これほどまでの大イベントの中で、子供70人を舞台に上げるというのは、並大抵のことではありませんね。


一人でどんなに頑張っても、どうしようもない!だけど、みんな(といっても5~6人ですが)で力を合わせて、なんとかなった!


肝心の本番は、みんな本当によく踊れたんですよ。

子供の集中力には、驚かされました。



終演後は、子供たちにささやかなプレゼントを渡しました。


すると、子供達のお母様方からも、私たちインストラクターへの贈り物があったのです。

そういうこともあるかも・・程度に小耳にははさんでいましたが、それが豪華な花束や商品券だったりしたものですから、驚いてしまいました。

私たちが、日々、苦労して工夫して、努力を積み重ねてやっと迎えたその日であったことを、保護者の皆様がよくよく理解していて下さったのですね。

70人もの子供の親御さんが、どうやって、誰が指揮をとって、私たちのプレゼントを用意して下さったのか・・・?

その手間を考えると、嬉しすぎて、思わず泣いてしまいそうになりました。


それから、お母様方がそれぞれにカメラや携帯を持って、我が子と私たちインストラクターのツーショット写真を撮りまくっていました。

私たちは、まるで親切な芸能人のように、撮影に応じ、その嵐が去ってから後片付けを・・・


本当に疲れて大変な一年でしたが、子供達やお母様方の喜ぶ様子を見たら、頑張って良かったな~と思いました。

そして、お母様方が口々に、来年度もよろしくお願いします!とおっしゃいますので、正直言って、うわっ、これで終わりじゃなかったんだ~とビビリましたが、取りあえずは「こちらこそ!」と笑顔で応えたりして・・・


そんなこんなで、最大イベントが終わりましたので、これからは本腰を入れて、お店のお仕事を頑張りたいと思います。