レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■ラストスパートです


もうちょっと!あともうちょっとで発表会です。

準備も、大詰め。

3人のスタッフの内、私はやはり衣装を主に担当する事に自然となってしまいます。


そんな中・・

普通の人、と言いますか、洋裁を仕事としていない方にとって、私の行動はどうも不可解なのかも知れないな・・?と思うようになりました。


衣装・・それは、私にとっては振り付けや音楽と同じくらいに大切なものです。

(誰もがそう思っているとは限らないかもしれないけれど・・)


色々なダンスがありますが、もっとも衣装が高額なのは、社交ダンスでしょうか。

フラダンスのドレスも、遠くから見ていかにも高級な生地を惜しみなく使って仕立てられていたりします。


ジャズダンスは割とお金がかかりませんね。

だからと言って、こだわりがない訳ではありません。


特に小さな子供相手だったら、尚更、なるべくお金がかからないように、少しでも安くて可愛いものを一生懸命探します。

既製のものを安く買って、それを直したり、飾りを足したり・・・という作業を延々と。


私も他のスタッフも、子供たちが可愛らしく見えるように、一生懸命考えました。

でも、私が他のスタッフと少し違うのは、普通に可愛いでは気がすまなくて、死ぬほど可愛くなくては納得がいかない!という事です。

もうこれでいいか~~~と皆が思っているのに、一人で「いや、もっと可愛くなる筈、絶対に!」と思っているのです。


それで、子供達の衣装を持ち帰り、持っている技術や今までに使って余ったスパンコールなどの在庫をすべて投げ打って、死力を尽くすのです。

先日は、数が多いので一人のスタッフに家に手伝いに来てもらいました。

私が、あ~してこ~して・・とその方に指示を出し、二人で一生懸命作業しました。

と言っても、女二人ですので、手と同時に口もよく動きます。

あ~でもない、こ~でもない・・と話しながら、時には爆笑も交えて・・・


そんな雑談の中で、その人が、今やっている作業を私が「どうしてやろうと思ったのか??不思議に思った」と言いました。

そしてその後、「やはり出来るからなんですね」と・・

それを聞いて私は、あーーそうなのか・・自分は人と違うのか・・と思ったのです。


やるという事が苦になるなるとか、時間がない、とかそういう問題ではなくて、普通の人は出来ないから考える前に諦めるしかないのですよね。

私は、やろうと思えば何でも・・というのは大げさですが、時間や体力を惜しまなければかなり考えているイメージに近いものを作ることが出来ます。

出来ます、と威張っても仕方なくて、それが出来るからこうして商売をしている訳ですね。

最初はそれに気づかずに、どうして皆、中途半端なところで工夫するのをやめてしまうのかしら?なんて思っていましたが、納得しました。

そうと分かった以上は、もう、自分が率先してやるしかありません。

逆にエンジンがかかりました。


そのような訳で、最後の最後まで諦めずに、子供たちが少しでもキレイに可愛く見えるように、目をシバシバさせながら衣装を直したり飾ったりしています。




一生懸命、諦めずに最後まで頑張る事。

それは踊りでも衣装でも、なんでも大切なことですよね。

子供たちにも、私が最後まで頑張りぬく姿を見せる事で、少しでも何かを伝えることが出来たらよいな・・と。


でも、そう上手くは行かないですね。

相手はまだ子供・・・なんでも一人では出来ない、やってもらって当たり前の年齢ですもの。

だけど、やっぱり頑張るのです。

そうしないと、自分が後悔しますから!




レオタード通販のミラー