レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■ゴール目前


長らくブログを更新する時間も、気持ちの余裕もありませんでした。

本当に、期日までに納品することが出来るのか・・・

朝起きてから、ヒゲも剃らずに(?)縫い続けました。

そして、何とかメドが・・・

約束の日、その二日前にして始めて絶対的な安心感を覚えました。

やった!間に合う!しかも予定より一日早いぜ!


今回のお仕事は、フラダンスのドレス。

全部で16着の大口さまでした。

デザインが決まってから、本番までが本当に短くて、ちょっと過酷なご注文・・・

お客様も私も、それを重々承知した上での作業開始となりました。

期間中、お客様である先生には何度も「無理しないでくださいね」とか「身体、こわさないように・・」など、優しいお言葉を頂き、その度に元気づけられました。


さて、どんな工程だったかというと・・・

まずはそれぞれの方のお身体の採寸を・・・

最初は私が直接スタジオに伺って採寸するよりも早い方法を・・ということで、生徒さんの中の代表の方に測って頂く事にしました。

しかし、その後、やはりその測って下さった方が、「自信ない!やっぱり・・!」という事になり、結局私ができる限りスタジオに行って採寸する事になったのです。

それから製図、裁断、仮縫い。

仮縫いは、ほとんどの方はスタジオに伺って行いました。

どうしても都合が合わない方は、私の自宅に来ていただいたりして・・・助かりました!


その中で、仮縫いまで一度もお会いすることの出来なかった方が一人だけいらっしゃいました。

その方はOYさんというお名前でした。

OYさんの採寸は、仕方なく生徒さんの一人にやっていただいたのです。

私はその数字を見ただけで製図をする事になりました。


ですが、そういう事は珍しくなくて、普通ならば特にそれがどうしたの~?という程度のことなのですが・・

今回は、あまりにも急ぎの仕事で私の気持ちも体も壊れる一歩手前で・・・

OYさんの製図をする頃には、すでに意識朦朧・・・・


それでも「気を確かに!疲れているから間違えないように!」と自分に語りかけるようにしながら仕事をしていました。

そしてそれと同時に思いました。

「このOYさんて・・・随分かわった体つきだな~」

自分が製図をしたものを見ると、どう見てもすごくズン胴??

なんというか、凹凸があまりにもないのです。

でも、こうして数え切れないくらいの人の洋服を縫っていますと、信じられない!というような製図でも、着ていただくと「あ~やっぱりこれで良かったんだ~」なんて思うこともあるものですから、それほど気にしていませんでした。


それで、最後の仮縫いにスタジオにお邪魔する日となりました。

その日は5人の方の仮縫いをする予定となっていて、OYさんもその中の一人でした。


レッスンが始まる前にスタジオに到着し、すでにお待ちになっていた方、2~3名の方の仮縫いを順調にしました。

ほとんど補正もなくて、この仕事も大分慣れてきたように思えました。


さて、次は誰かしら・・・

と思っていると、綺麗な方がスタジオにおいでになりました。

若くて、可愛らしい方でした。

こんなに綺麗な生徒さんいたかしら~~と思いました。

ん?もしかして、この方も今日仮縫いかな?

採寸の時に一度お会いしたかもしれませんが、一度会ったくらいでは顔を覚えることが出来ない私です。


その方がコートを脱ぐと、なんともナイスなボディーでした。

ボン!キュッ!ボン!!という感じです。


その時私は思いました。

あーこの方は、絶対OYさんではないな!と。

でも、もしこの方がOYさんだとしたら?

あまりにも疲れて数字を見間違えて製図してしまったに違いありません。

あーーーこの方がOYさんでありませんように・・・と祈りました。


そして、その方が私の方に、つつつつつ・・と歩いてきて・・

「あのぅ、今日仮縫いをして頂くことになっているのですが・・・・OYです。」



うぎぃぇーーーー!!と思いましたが、そう言うわけにもいきませんので、普通に

「あ、ではよろしくお願い致します・・」

とか平静を装って、OYさんの仮縫いの作業にかかりました。


結果はやはり惨敗(というのでしょうか・・)で、ミドルヒップがピンピンで、明らかに私の製図の間違い・・・・
(ヒップの寸法、数字を見間違えたのかな・・・?)


OYさんには、きちっと補正してきますので!と申し上げました。


製図を間違ったのはその方だけで、あとは小さな補正で済むくらいのものばかりでした。

こんなに忙しく、バタバタとやった割には成績優秀??!なんて・・・


明日、最後の仕上げをして、来週のはじめに納品となります。

あーーーーーーしんどかったーーー