レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■ジャズ復興~若いもんには負けん!

今、週に二回ジャズのレッスンを受けています。

昨年の夏頃から今の先生に習うようになりましたから、もうすぐ一年、早いものです。

それまでは、とにかく社交ダンスを頑張ろうと思っていました。

ジャズは、若い人の踊りだし、若い頃から20年近くも頑張ってきたから、もう卒業しても良いかな・・なんて思っていたんです。

教える仕事も週に1レッスンになってしまったし(今は子供があるから週9レッスンですが)、そのレッスンに来る皆さんも、高いレッスンレベルを求めるような人達ではなく、健康的に楽しめればいいかな~という感じの方ばかりでしたし・・・

そういうレッスンが週一であるだけでしたので、正直言って、それほど自分自身が練習する必要もなかったのです。

今から5年ほど前のことです。


社交ダンスの世界に入ってみると、慣れているジャズやバレエの世界とは本当に全然違って、カルチャーショックを受けました。

生徒はレッスンに平気で遅れてくるし、先生も別に注意もしないし・・・

レッスンに中に疲れたからと言って、椅子に座ってしまう人も普通にいます。

生徒が遅く来るからといって、レッスンが時間通りに始まらなかったり・・・


バレエやジャズでは、レッスンが始まる何十分も前から行って、準備をするのが当たり前で遅れるのは極力避けるようにしますから、本当に驚きでした。

だけど、そのうちに分かってきたんです。

社交ダンスは、教室でもあるけど、同時にお店でもある。

だから、生徒でもあるけど、お客さんでもある。

スポーツクラブもそうですが、規模が大きいせいもあってか、もっと規律がきちんとしています。

私の働いているクラブでは、五分遅れたら、参加することができないレッスンなど、きちんと決められています。

ジャズを習っているところもスポーツクラブですが、そこはすべてのレッスンが十分以上遅れたら受けられないことになっています。


そんな違う世界に飛び込んだ私ですが、やはり、ダンスはダンスで、すぐに面白くて夢中になりました。

そしていつしかプロを目指すようになったんです。

先生にも勧められました。

しかし、今度はまた違う問題が・・・

そう!社交ダンスはすごくお金がかかるのです。

それでも私は頑張ろう!と思っていました。

プロの資格をとって、教室で働きたかったし、先生にも「手伝って欲しい」と言われましたから、すっかりその気だったのです。


でも、現実は厳しかったです。

この不況で生徒は減り、どんなにいろいろと教室で工夫してもなかなか生徒は増えませんでした。

その教室には先生が二人いましたから、私が先生になったとしてももはや人手が足りていて、必要ないという訳です。

それで先生に、今となっては生徒が少ないから・・・プロになるかならないかは、あなたの気持ち次第・・というような事を言われたのです。

プロになったなら、どこか他で自分でサークルを開いて教えたら良い・・とか、それで生徒が集まったら教室のパーティーに参加させて欲しいとか・・・言われました。

頑張って教室のお手伝いがしたい!と思って、それまで4年、何もかも犠牲にして社交ダンスに打ち込んできたのですから、その言葉ですっかりやる気をなくしてしまいました。

そして気がつけば、このお店の仕事よりも、ジャズダンスよりも、社交ダンスのレッスンやデモなどを優先していましたから、すっかりお金も使い果たしてしまっていたのです。

それでも一年は続けました。

やめる勇気がまだなかったのです。
つまらない気持ちで、なんとなくレッスンを受けていました。

そんな時に、今のジャズの先生のレッスンを受けることになったんです。

その時のモヤモヤとした気持ち・・・どうしても発散したかったのでしょうね。

そして、久しぶりに受けるジャズのレッスンの楽しかったことと言ったら!!

あ~~~生きてて良かった!

ダンスが好きで良かった!!と涙が出るくらい嬉しかったんです。


そして、時間もお金も、どっさりとつぎ込んできた社交ダンスを辞める勇気がだんだん出てきたのです。


昨日も、そのジャズのレッスンを受けてきました。

社交ダンスで左足を痛めてしまってから、前のようには踊れなくなってしまっていましたが、その怪我も大分良くなってきたような気がします。

昨日のレッスンのコンビネーションでは、何年かぶりに左足のファンキック(足を空中でグルリ!)が出てきました。

うわ!できるかな~と思ったけど、自分が思っていたよりも足は痛くなくて、嬉しかった!


そんな訳で、私のダンス人生は、またジャズダンスの方向に戻ってきたのです。

それなら、社交ダンスなんて最初から習わずに、ずっとジャズを頑張っていれば良かった。

余計な怪我もしないで済んだし・・・

とも思いますが、まぁ、後悔しても仕方ありませんからね。

ダンスホールでワルツ、タンゴ、ルンバ・・など、普通には踊れるわけですから、それだけで十分楽しめます。

悪いことばかりじゃないさ、何事も経験!

アシストティーチャーの資格は取りましたから、簡単なステップなら男性役もできますし・・


人生いろいろ、ダンスもいろいろ・・・

振り返らずに、頑張りたいです。いくつになっても!





レオタード通販のミラー