レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■究極のB級グルメ

大手牛丼チェーン店、以前はよく利用していました。

なぜかというと、通っていた社交ダンスの教室のすぐ近くにそのお店があったからです。

教室で一緒に練習していたお友達がいました。

私とカップルを組んで、上手になったら競技会でも出ようか!なんて夢を抱いていましたが、全然ダメでしたけどね・・・

でも今思えば、組んだとしても身長の差がありすぎて、変だったでしょう・・・(身長差28cmでした)


そのお友達と、練習の合間に近くの牛丼屋さんに行った時のこと・・・

そのお店、私ははじめてでした。

なので、お友達にオススメはなに~?とか聞いて、その人と同じものを注文しました。

確か、牛丼玉子セットとかいうものだっと思います。

牛丼とお味噌汁と漬物と生卵で350円?くらいだったかな。

わ~安いな~と思いました。


そういう牛丼屋さんは、他のお店で知っていましたけど、そのお友達と行ったことで、私にとって新たな牛丼の道が開けたのです(大げさですか?)。

注文したものが来た時に、お友達は、まず卵を割って溶き始めました。

私も真似をして・・・

そして卵にお醤油をちょろりと入れました。

へ~~ちょっと塩分取りすぎじゃない?と思いましたが、まぁ、ダンスで汗をかいていますし、いいか!と私もまた真似を・・・

彼は、溶き卵を牛丼に回しかけました。

それからのことです!

備え付けてある、紅しょうがや七味唐辛子などありますよね。

それって、私の常識の中では、「添える程度」のものだったのです。その日までは・・・

彼は大きな手で(身長183cmなので手も巨大でした)紅しょうがの入っている器を取りました。

そして、トングで紅しょうがを鷲掴みに!!

牛丼の上にドバ!っと載せました。

山になった紅しょうが・・・その山を少しならして平面的に・・・

それから彼は七味唐辛子を取りました。

紅しょうがでいっぱいになった牛丼(その時はすでに牛はあまり見えませんでしたが)に、シャカシャカ・・・と振りかけました。

え、まだかけるの?え、え、え・・・あ~やっと終わった!


彼の牛丼は、そう!真っ赤でした。


そういう食べ方もあるのか。

よし!私も!!

と、私も、食べられる程度に・・ですが真似してみました。


準備が整い、「いただきま~~す!」

ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

美味しいではありませんか!


今ではそのダンス教室に行ってないので、そのお店に行くこともなくなりました。

お友達も転勤で遠くへいっちゃった。。。


でもその赤い牛丼、時々無性に食べたくなります。

それで、自分で作っちゃったりします。

味付けは本当に簡単で、お醤油やお酒、ミリンとかの甘味料で大丈夫。

なぜかというと、食べる時に紅しょうがや唐辛子を大量に使用するので、その味で料理の手抜き加減もうやむやになってしまうのだ。



レシピ


A:お鍋に少量のお湯を沸かし、そこにバラ肉をいれます(豚肉でも良い)。
そこに、醤油、お酒、甘味料を好みの料、入れます。

丼にご飯をよそい、Aをのせます。


生卵を溶き、少量の醤油で味を整えます。

ご飯にのせたAの上から卵を回しかけ、紅しょうがを多めに盛りつけます。

仕上げに唐辛子を多めにふりかけます。


程よく赤くなれば、出来上がり!


注)小さなお子様には与えないで下さい。




レオタード通販のミラー