レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■踊り過ぎてもなる

4月になったと言うのに、寒いですね。

こちらはまだ雪が消えず、みんなまだ普通にダウンとかで歩いています。

早く暖かくならないかな~~


私は鼻血事件で少しびっくりしましたが、もうなんともないみたい。

よかったわ。


急にすごく疲れたりして、血圧がグンとあがったりすると、鼻血が出やすいのだそうですね。

そんな事を考えていたら、ある事を思い出しました。


バレエを頑張っていた頃のこと・・・

その時の発表会のため、毎日毎日、すごい練習をしていました。

バレエと言っても、モダンバレエで、ちょっと変わった作風の先生に習っていましたので、普通に思い描かれるバレエのイメージとは随分違ったものでした。

その年は、白っぽい清純タイプの衣装の踊りから、舞台の上で衣装替えをして、正反対の醜くて恐ろしいタイプの踊りに変化する!という物でした。

衣装を重ねて着ていて、その踊りの中頃で上に着ていたものを脱ぐのです。

その脱ぎ方も、それはそれはすごい凝りようで、お芝居の要素が随分多かったですね。

その脱ぎ方を、練習している時に、「脱皮するように!」と言われたのをよく覚えています。
(バレエの先生と、お芝居の先生がいらしたのです)

それで、生徒同士での雑談でも「ねぇ、脱皮の時ってさ~・・・」なんて話していましたっけ。


その踊り、後半の恐ろしいタイプの踊りが、それはもう超ハードでした。

そしてすごく長いんです。

動きが早くて、激しくて、そして、長くて・・・

踊りの終わりの方には、息が止まりそうになります。

一緒に踊っている人もみんなそうですから、踊っている時の周りの人の息遣いや、形相は、本当に恐ろしくて、この世のものとは思えないほど・・・

恐ろしい踊りを表現するはずが、自然と恐ろしい事になっていました。

そんな練習の日々、いよいよ本番が近くなって、衣装を着けて本番さながらの通し稽古をする日になりました。


その大変な踊りは、舞台の幕開けに踊られるものでした。(最初じゃなかったら、もっと辛かったでしょうね・・)

通し稽古が始まり、死ぬ気で踊る私!

その何分かの踊りが終わって、他の人が踊っている間に、急いで次の衣装に着替えます。


着替えている時も、まだ呼吸はおさまらなくて、体や顔からは汗が吹き出し、衣装を持つ手は震え・・・
(おおげさじゃなくて、本当にそうだったんですよ~)

それでもみんなちゃんと着替えて、次の自分の出番を静かに待っていました。

真っ白なシャツに真っ白なパンツ、そしてもちろんトゥシューズも真っ白です。


緊張して、静か~~な感じでした。

と、その時!

仲の良いお友達が、手で口元を押さえて、前かがみになって慌てているのです。

ん?どうしたの?具合悪いの?ささやくように尋ねると・・・


口元を押さえている手の指の間から、鮮血が!!


そう、鼻血です。


真っ白な衣装を着ていますから、尚更あわてますよね。

その出番を待っている間にお手洗いに駆け込み、手当を・・・

衣装に血がつかないように、手伝ってあげました。


今、思えば、あまり激しく踊って疲れ過ぎて、鼻血が出てしまったんでしょうね~

その時は、ただびっくりしただけだったけれど、今になってよく分かります。

あの時の方、今も元気にバレエをされています。

もしかして、このブログ読んでくれていたりするかな??(お元気ですか~)


踊りも長くやっていると、色々な事がありますね~~





レオタード通販