レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■学ぶ母に学ぶ

いくつになっても、向上心を忘れずに、教える立場になってこそ学ぶ事が大切!

と、思っている次第です。

でも、いくつになっても・・と言ってもそれは本当のところはいくつまでなのでしょうか・・・なんて思ったりして。

なぜそんな事を思ったのかと言うと、自分の母の姿を見てのこと・・・


昭和生まれもギリギリ二桁で、もう立派なおばあちゃんです。

母の話を聞くと、へ~~~~昭和初期って、そんなに昔だったのか~と思いますね。


戦時中は、東京の方に住んでいたのだそうです。

その頃の話なんて、本当に映画みたいで・・・

空襲で庭に爆弾が落ちたが、不発弾だった!とか・・

近所の知人が機銃掃射で追いかけられて走っているのを、窓から見たとか・・
しかも子供だった母は、その人は寸でのところで助かったと聞いていたが、戦争が終わり大人になってから実は亡くなったのだと聞かされた!とか・・

近くの病院に、怪我人があふれ、病院の外にも患者がごろごろと寝かされていたとか・・
しかも、その怪我人にかけられている毛布を、ナースがパッとはぐると、足がなかった!とか・・

実際に目の当たりにした人の話って、リアルで、でもどこかしら冷めた感じで、不思議ですね。


その後母は疎開し、北海道の十勝地方へやってきました。

そして、今度はまた違った意味での信じられない田舎の生活を強いられたのだそうです。
(その事については、また機会があったら書きたいと思います)


そんな母が、今、携帯を片手に猛勉強しています。

もちろん、携帯を使って何かの勉強をしているのではなく、携帯の使い方を勉強しているのです。

その向上心たるや、すごいもんですよ!

最初は、メールを送る、そして受信したメールを見る、という作業を学び、なんとか得とくしました。

そして次は、絵文字を入力する方法を学びました。

今では、母のメールの終わりには、ちゃんとおばあちゃんマークが付いています。



それで終わりかと思いきや!

今度は、メールに画像を添付してみたい!と強く言うのです!

母なりに「しゃめ、ってやりたいんだよね、しゃめって・・」と・・

それで、私と義理の姉で、そのやり方を教えました。

昔の人って、パソコンでもそうですが、データフォルダを理解するのが大変ですよね。

でも母は、それもなんとかクリアしたようです!

時間はかかりますが、ちゃんと、メールに本文と画像を添付して送信できるようになりました。

私は、正直言って、ここまで出来るようになると思っていなかったのです。

だって、周りの同じ年頃の方を見ても、もう、携帯を持たない人が多いし、持っていても、電話を受ける位しか使わないという方がほとんどですから・・

やはり、これは、本人が出来るようになりたい!と強く願う事で達成出来るのだと思います。

もう年だから、どうせ出来ないし、いいのもう・・なんて思わないところが素晴らしい。

自分の母を褒めても仕方がないのですが、自分が母の年になった時にも、今のように学び続けなくてはならない!と思っていられるかどうか・・?

でも親子ですからね、きっと似たようなおばあちゃんになるんでしょうかね~~~?







レオタード通販のミラー