レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■同じラテンでも

今、スポーツクラブ業界では、レズミルズが主流のようですね。

昔は、エアロ、ジャズ、そしてヨガくらいしかなかったのに・・・

ジャズやヒップホップ、ハウスなどの他にもダンス系では、リトモス、ズンバなどがあります。

そのリトモスとズンバですが、どちらも1回ずつレッスンを受けてみました。

ズンバに関すると、音楽がすべてラテンですから、それだけで心が弾みますね!

社交ダンスでもサンバが特に好きなので、たまらなく興奮してしまいます。

1曲の振付が最初から最後まで決まっていて、何曲かを踊り続けるのですが、私が出たのは45分間でした。

リトモスもそうですが、普通のダンスのレッスンと違って、こういった系列のレッスンは、振りの説明がないのが特徴ですね。

やっている内になんとかなるだろう~という感じです。

私も多少踊りには自信がありますから、やっている内になんとかはなったように思うのですが・・

その何とかなったという程度の自分の踊りが実に気持ちが悪いのです。

こんなに何曲もぶっ通しで踊らなくても、2~3曲でいいからキチンと振りを説明してくれて、その上で音楽で踊る事ができたら、どんなに楽しいかと思ったりして。

いつも同じ振りをやっていますから、周りの人はだいたいの踊りを大まかに覚えているようでした。

とは言っても、周りの人だって皆素人ですから、それほどずば抜けて上手な人もいないはず・・

レッスン中にそんな事を考えながら踊っていました(集中していないってこと?)。


それで踊れていないのにそんな事をするなんて、不謹慎なのですが、隣近所の人がどんな踊りをしているか、ちょっと横目で見てみたんです。

すると!

やはり、先生のような動きで踊っている人は全然いなくて、なんとなく出来ているように見えてはいるけれど(周りの人って上手に感じてしまいますよね)、実は全然出来ていないみたい!?

それから先生がどのようにしているか、レッスン中の目線などに注目して見ると、本当にレッスンを受けている人々の方を、全然見ていないのです。

先生は1曲終わるごとに、パチパチパチ!と大きな拍手をするのですが、その時も下を向いたままです。

皆が踊れていないのを見てはいけないかのようです。

それでよく考えてみると、照明も、最初から最後までエアロのクールダウンの時の薄暗いものだったので、その意味も分かりました。

一人ひとりの踊りが、自分にも他人にも、なるべく見えないように、出来ない事が目立たないようにしてあるのですね。

私が日々取り組んでいるダンスと言う物とは、やはり根本が違うようです。

正しく、きれいに踊れるようになるために基礎練習をする、というような事は全く必要なく、45分の間、ラテンミュージックで身体を休ませずに動かすと言う事が目的なのでしょう。


だからでしょうか。

普通、ダンスのレッスンを受けた後は、気分爽快なのですが、このズンバの後は、どうも気持ちがすっきりしませんでした。

音楽は好きなので、良かったのだけど、なんとも言えないこの気持ち。

楽しいのか、逆にストレスが溜まるのか、よく分からない??

でも、もう一度受けてみよう~それでどう感じるか・・・試してみよう、と思っています。





レオタード通販のミラー