レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■これで快適な毎日になるよ

最近ばたばたと落ち着かなくて、なんとなく忙しく、疲れています。

来月から増える新しい仕事への緊張もあったりして。

それに、前から約束しているドレスの仕立ても、そろそろ本格的に考えなくてはなりません。


なかなか作業がはかどらず、それなのに疲れて、頭も体もすっきりしないので、何かが悪いのではないか!?と良く考えてみました。

何でそんなに疲れているのか?

思い当たるのは目なんです。

毎日のパソコンの作業と、縫製の作業。

特に直しなど、縫ってある物をほどく作業は神経を使います。

生地を傷つけないように糸だけ切らなくてはなりませんので。

なので、私は縫う時はそのためのメガネをかけます。

でもそれは言いたくないけど老眼鏡な訳で、当然遠くの方は見えません。

本当に手元だけです。

いくらお裁縫と言っても、本当に手元だけを見ていれば済むかと言うと、そうでもありません。

だから、よくお婆さんがやるように、鼻眼鏡状態になってしまうのです。

逆に遠くの方を見なければならない時、レッスンや車の運転をする時は、別のメガネをかけます。

近眼はそれほどひどくはないのですが、ないとやはり不便。

スタジオの時計を見る時や、細かな手の振付(指を立てたり、握ったり)を見るにはメガネがあった方が良いですね。

だけど、それをかけると今度は手元が全然見えないのです。


どうもその差が激しくなってきたような気がするのです。

例えば、少し離れたところにあるテレビを見ているとして、画面の中の人の顔や字幕はメガネがないとはっきり見えません。

目を凝らすと見えるのですが、ずっとそうしているのも大変ですから。

だからメガネをかけます。

でもそれが食事中だったら、今度は、食べるために自分の手元を見なくてはなりません。

すると今度はハッキリ見えないので、メガネはない方が良いのです。

だからメガネをはずします。

それでテレビを見ようと顔を上げるとはっきり見えないので、またメガネをかけます。

毎日、いろいろな場面でこんな風にしている訳ですが、その割合が最近は増えてきました。

それで変に目が疲れるのではないでしょうか!!?

と思ったのです。



これはもしかして、遠近両用?

それで、メガネ屋さんに行ってみました。

今は昔と違って、手頃な価格で作れるようになりましたね。

さっそくフレームを選び、視力を測ってもらいました。

どうも、使っていた近いところ用のメガネは少し、度がきつかったかもしれない・・・との事でした。

それで、程よく調整して作って頂くことに・・・

10日くらいで出来るそうです。


だけど、そのメガネ屋さん、私が特に安いものを選んだ訳ではなく、顔の形にあって、付けていて楽なものを選んだだけなのに、遠近両用でも15000円だったのですよ~~

今は本当に良いものが安く買えるようになりました。

良かった!

メガネが出来たら、それをかけた顔を撮影してここにアップしたい気分ですが、さすがにそこまでの勇気はないですねっっ!






レオタード通販のミラー