レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■絶対に勝てないものがある・・それは

寒いですね!

寒いと古傷が痛む・・・

私達の職業病とも言えるのではないかと思うのですが、腿の裏の筋肉が痛い人は多いと思います。

上げたりする筋肉が疲労困憊して、肉離れを起こしてしまうのですね。

私の場合は、その後遺症があるように思います。

両足、何度か傷めているので、寒いときとか、疲れた時に痛くなったりするんですよね。


昨年の今頃、ちょっと無理をしたんです。

社交ダンスのアシスタントの資格をとり、夜の練習会なるものを担当していたのです。

いろいろな事情があって、6ヶ月で終了となりましたが、その時は正直言って、辛かったです。

何といっても、そのスタジオが温まるまでに時間がかかるんです。

二階にあるのですが、その下が美容室です。

だけど、その美容室も練習会の日は営業していませんから、建物が芯から底冷えと言う感じで・・・

なるべく早めに行って、暖房をつけたりしていました。

お客さんが来ても来なくても早めに行かなくてはならないし、早くくる人は7時前に来るし、遅く来る人は9時を過ぎます。

だいたい4時間くらいの間、踊らなくてはなりませんでした。

その冷えと疲れからだと思うのですが、そのころから妙に古傷が痛むようになったのです。

その練習会が終わり、少しゆっくりと休んだら、治るのかな~と思っていました。

だけど、どうも今回はそうもいかないみたい。

考えればもう一年経つと言うのに、まだ本調子ではないのですもの。

今寒いから尚更かもしれませんね。


若いころは、毎年舞台がありましたから、そういう状態になったら行きつけになっている整骨院にいって、ピリピリっと電気治療をしてもらっていました。

そういえば、随分行ってないな~~

痛くても、足をバンバン上げなくてはならないというような状況には、今はならないので、その整骨院に行こうなんて思いませんでした。

そんなに無理してなければ、そのうちに治るかな~なんて思って。

だけどなんでこう治らないのかな~と考えて、「ギャッ!!」と叫びたくなるほどのショックなことに気付きました。

それは・・・

もしかして加齢ですか!!!


よく年をとると、ケガが治りにくくなると言いますよね。


もしかしてそれですか!!!!


それなら納得がいくというものです。

素直に整骨院に行こうと、しょんぼり思っています。







レオタード通販のミラー