レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■マイペースって難しいですね

昨日は疲れた~

二つのレッスンを続けて受けて、良い汗をかきました。

最近、とてもお気に入りのレッスンがあって、それはストレッチのクラスです。

バレエのためのストレッチを30分するのですが、とても勉強になります。

そのレッスンでは、痛みを感じてはいけないと言われます。

痛いと感じた時点で、すでに筋肉はストレッチされていないのだそうです。

痛みを我慢して伸ばすのではなくて、身体の力を抜くことが最も重要!

それで言われたとおりにしてみると、本当によく筋肉が伸びて、気持ちが良いのです。


私は今までに色々なレッスンを受けて来たので、どんなストレッチをしてきたか、考えてみました。

やはり間違ったことを、大分してきたのかもしれないな~

でもその時は一生懸命だったし、ストレッチの方法もダンスと同じで進化している事でしょうから、仕方がなかったのだと思います。


試しに「ストレッチ ・・・」と検索してみました。

すると、色々と出てきました。

いくつかのサイトを見てみましたが、どれも共通していました。

やはり、痛くないところでやめるのが今の主流のようです。

昔は後からグイグイ押されたりしたものですが、今考えるとちょっと恐ろしいですね。

自分もやはり少しですが教える立場ですので、常に勉強していかないといけないとは日々思っていましたが、このストレッチについては、本当に痛感しています。


見ていたサイトの中で、一番興味深く感じたのは、競争意識についてです。

筋肉は人それぞれ、柔軟の度合いは経験や年齢とは無関係なので、あの人には負けないぞ!と思ってはいけないというのです。

ん?!と思いました。

私の最も危険なところはそこかも!

いつも自分の筋肉の状態とよく相談しつつ、マイペースでしなくてはならない。

だから、昨日はここまでだから、今日はもっと!と言う風に自分の中でも競争してはいけないのだとか・・・

これって陥り易い過ちだと思いませんか!?

年とともに、身体はだんだん硬くなっていきますから、尚更焦って、今日はもっと!明日はそれ以上!なんて頑張っても意味がないのですね。

その日によって、調子が悪かったり、なぜか左右の差が激しかったりするものです。

そういう時も、その自分の筋肉をよく感じながらトレーニングを調整しなくてはいけないのですね。

ついつい頑張りすぎる性格が、自分の最大の欠点かも!

これからは本当に気をつけていかないとダメだな~~と思いました。




レオタード通販のミラー