レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■忘れられない年始の戦い

世間では今日が御用納めでしょうか?

いいえ、そうでもありませんね。

私も勤めていたころは、31日まで働いて、お正月は2日からでしたっけ・・・

お正月といえば福袋。

私は、百貨店の子供服売り場で働いておりましたので、その時は本当に大変だった~という思い出しかありません。

今のように不況になる前でしょうか・・・

その時の事を今でもよく覚えています。

私の働いていた売り場はデパートの上の方でした。

大抵、子供服やおもちゃ売り場って上の方ですよね。

初売りの日、朝早くから出勤して準備をしました。

開店の時刻になり、私達売り子は、通路に向かって立ち、お客様をお迎えします。

お客様が通り過ぎる時には頭を下げて「おはようございます。いらっしゃいませ。」言うように教育されていました。

だけど普段は、上の方の子供服になんて、開店と同時にお客様が来る事なんてほとんどなくて、それでなくても私は、通常出勤時間が遅い準社員とかだったので、初売りなどの特別な日しかその朝のごあいさつをする事はなかったのです。




準備が出来て、いよいよ開店となり、私は通路に面して立ちました。

いつもならデパートの妙にさわやかなテーマソングと共に開店!となるのですが、年明けは違います。

ツン、ツクツクツクツ~~~ン・・・・・ツン、ツクツクツクツ~~~~~~~ン、ヒヤ~~~~~新年、明けましておめでとうございます・・・・

と始まります。

そして今でも思い出す恐怖の瞬間が・・・

静かな音楽の中、無言で立っている店員。

その日は朝のごあいさつなんてしてる場合じゃないこと、皆心得ています。

視線は皆、エレベーターの方です。


そしてついに、エレベーターのドアが開きました。

ドバーーーー!!となだれ込んでくるすごい数の女性達!!!

そして皆、髪を振り乱して走ってくる!!

一瞬のうちに売り場はイモ洗い状態になり、台の上の福袋は奪い合いになり、引きちぎられ、そのどさくさにまぎれて、袋を開けて見る人、中身を取りかえる人、わめく人、怒る人・・・・

私達は一日中走り回り、ボロボロになるのでした。

その当時は、お休みの日などに出掛けると、すれ違う見知らぬ人が皆こわ~いお客さんに見えて、「すいません!!ちょっと!待ってるんだけど!!」と今にも怒られそうな気がしてしまったものです。



今は、一人きりお家でお店をやっていますから、年末年始も本当に静か・・・

やっぱりこういう方が、性に合っているみたいですね。







バレエ用品やレオタードはleotards-mirror.comへ