レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■着方で分かる!ジャズの通

レッスン後、練習している時に、稽古着の着方について話題となりました。


その昔、空前のジャズダンスブームが訪れた時は、みんなレオタード1チョウでしたっけ・・・

肌色のタイツ(光るタイプね)を中に履いて、もちろんハイレグ!

なぜかゴムのベルトをするのが当たり前でした。

ベルトは本当になくても何にも支障がないので、本当に飾りですね。

そしてレッグウォーマーをして・・・その時は最高にカッコイイと思っていました!

時は流れ、その後はレオタード一つで踊る人はほぼいなくなり、それからの流行は、なぜかボロボロファッション!

Tシャツの襟をわざと切ってしまって、大きく開いた襟ぐりをきりっぱなしのまま着るのがクール!

そのTシャツはキャッツの(黒に黄色の目が二つ!)だったりして・・

裏毛パイルのトレーナーを、裏を表に着るのも大流行でした。

とにかく襟ぐりは切ってしまう、そして洗いざらしで色褪せている事が大切ですね!

そこまではまだ普通というか・・・


ここから先がマニアック、着方編です。

Tシャツを着た状態で、裾から頭だけ出す技、分かるかな~~

袖と背中の上部にだけTシャツがあり、お腹の部分は全部出る格好になります。(もちろんレオタードは着ていますが・・)

お腹の部分のシャツがもたつかず、踊り易いという訳です。

もう一つの技は、Tシャツのお腹の部分を絞ってグッと上にたくしあげ、襟物に突っ込む攻撃!

これもまた、お腹部分が出て、踊り易くて良いという事だったのでしょうね。

ボトムに関しては、ウエストをぐるぐると折り返し、腰骨のところまでグッと下げるのが基本。

ウエストの締め付け感がなく、パンツが下がるのを防止します。

パンツはともかくとして、Tシャツに関しては、そんなに邪魔なら脱いでしまえばよいものを・・・と思わなくもありませんね。

だけど、やはり見た感じって大切でしょう?

そうやって着る事で、実力以上に踊れるように見えるのであれば、みんなそうしたいと思うのも無理もない・・・

だけど、みんな本当は、上手な人は何を着ても上手ってこと、分かっているんですよね。


レオタード一つの時代から、このように、上に着るもので何かそれっぽい雰囲気を醸し出すのが最高にカッコイイ!という時代に移り変わりました。

今は、このような着方をしている人はあまり見かけませんね。

もしいたら、「おぬし、なかなかやるな!」と思ってしまうかも・・・



仲間と練習の合間にそんな話になり、つい面白くて夢中で話し込んでしまいました。




バレエ用品やレオタード通販はleotards-mirror.comへ