レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■押し出し式

社交ダンスでは、ワルツの1周目とか2周目とかいいませんか?

1周目は本当に基本的な事で、2周目、3周目と進むにしたがってだんだん難しくなっていきます。


私の行っている教室では、もっと細かく分かれていて、ワルツのパート1、パート2、パーツ3(タンゴ、ルンバ、チャチャもそうです)と分かれていて、それぞれその中に1周目、2周目・・・となっています。

ですから、パート3ともなると、最後までちゃんと踊れる人は全生徒の中で一人もいないのではないでしょうか?

私もかなり頑張ったつもりですが、未だに4種目、どれも最後まで習った事がありません。

難しくてそこまで進めないのです。

きっとそれを全部踊れるようになったら、もうほとんど分からない事はなくなるのでしょうけれど、ちょっと不可能かな?と思うほどの量ですね。


そんな事を思いながら、その社交ダンスでの1周目、2周目・・・みたいなのを、自分のジャズのレッスンにも取り入れてみようかな~なんて思いました。

一つの踊りをだいたい8×4として作ります。

最初はとても簡単な振りにして、とりあえずはそれを練習して、踊れるようになってもらう。
これが第1段階、社交ダンスで言う1周目です。

次の段階でもう一つ8×4の踊りを増やします。
内容は少しだけ難しくした方が良いでしょうか。これが2周目。

今の私のクラスでは、ちょうど今、第1段階が終わったところです。
そこで、先日、第2段階目に入ろうと思い、やってみました。

第1段階を1番、第2段階を2番と呼ぶ事にします。

1番の踊りは、さらっと復習する程度にして、おもに2番の踊りを中心に練習を・・・
半分(8×2)だけ教えました。

少し、難しくなったので、みんな眉間にしわを寄せながらも頑張っていましたね。

キチンとできたとは決して言えないけれど、なんとか身体はそれっぽく動くようになりました。

では音でやってみよう!という事になり、まず2番だけを・・・と思ったらもう時間がありませんでした。

あらら・・・もう終わりの時間だわ。

それで仕方がないので、出来なくても良いから1番からつなげてやってみましょう。今日はそれでおしまいにします!と言いました。

音をかけて、1番から!そしてそのまま続けて2番を!

さて、出来るでしょうか?

結果は、大爆笑でした。

なぜって、みんな、2番を覚えた間に、1番をすっかり忘れてしまっていたんですもの!

その1番だって2ヶ月近くも練習していたものなのに!

みんなに話を聞くと、トコロテンのように、新しいものが入ると、古いものから出て行ってしまうのだそうです。

そのトコロテンの出口に蓋をするか、容器を大型にしてもらわないと・・・ダメみたいですね!!





バレエ用品やレオタード通販はleotards-mirror.comへ