レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■職業病いろいろ・・

どんな仕事でも、職業病というものがあると思います。

洋裁の場合は、手首を痛める人が多いようです。

なぜかというと、昔ながらの職業用アイロンは、すごく重たいから。

スチーム式の職業用アイロンがありますから、それを使えば軽くて楽なのですが、水のタンクを天井からつり下げなくてはならないので、お家で作業をする人にはあまり向きません。

ですから、どうしても重い方のアイロンを使う事が多くなるのだと思います。

コスト的な部分でも・・・重い方のアイロンはお手頃な価格ですし。

私もそうです。

最初、レオタードを作るようになる前は、普通の洋服のお直しばかりやっていました。

その後は、製図を習って仕立てもするようになったのですが、どちらもアイロンは必要不可欠で、ハリや糸を手にするのと同じような割合でアイロンを使わなくてはなりません。

力のない私が、いつも思いアイロンを持っていますから、常に右手の小指をぎゅっと握ると使われる筋肉(尺側手根伸筋というのかな・・・)が痛くて、ちょっと炎症を起こしているような感じでした。

家庭用のアイロンは、軽くて楽ですね。

それを洋裁に使っても、出来ない事はないのですが、仕上がりが全然違うのです。

特に紳士ズボンなんて、絶対に家庭用のアイロンでは出来ません。

ビシッとしていないとすごくかっこ悪いんですよ。

袖山など、イセをいれてふっくらさせなければならない場合も、家庭用のアイロンでは上手く出来ません。

イセを(ギャザーの細かいようなもの)をいれた縫い代を、アイロンでギュ~っと押して、きれいなふくらみを出します。

最初、洋裁の先生に、そのギュ~っとする事を、「アイロンで殺しなさい!」と言われて、すごくびっくりしたっけ・・・

そして殺した後には手首がいた~~~い・・・


実は、商売にレオタードを選んだ大きな理由の一つがこれなんです。

レオタードを作るのには、アイロンが必要ないんです。

巻きスカートも、生地が薄いので、例の重いアイロンを使わなくても大丈夫。

賢い選択だったな~と思っています。(ルン!)



バレエなどの職業病は、思うにハムスト(大腿二頭筋というの・・・?)を傷める事ではないかと・・・

私もずっとこれに悩まされていて、最近寒くなってきたので、特に痛むんですよね。

それも、前からちょっと傷めていたのがいつまでも治らない感じ・・・

なんとかすっきり治らないかな~

アイロンを使わないレオタード作りを選んだように、足が痛くならない踊りを選ぶと良いのかも知れないけれど、やっぱり好きな踊りを続けたいし。



余談ですが、このパソコン、「ダイタイニトウキン」ていれたら「だいたいに問う金」とかって出ました・・





バレエ用品やレオタード通販はleotards-mirror.comへ