レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■シルエットの世界で

11月に、社交ダンスの教室の発表会があります。

昨日はそのためのレッスンに行ってきました。

私は今回はサンバで出演します。


教室に行って、練習なぞしていると、その発表会に出る女性の生徒さんが教室にやってきました。

レッスンではなく、ちょっと用事があったのです。

それで、その方と少しお話をしたのですが・・・


実はその方、目が不自由なのです。

だけど、ちょっと見た感じ、そんな風には見えないというか・・・

以前から思っていたのですが、本当に何処まで見えているのかいないのか、さっぱり分からないのです。



その方、サンバがお好きで、私が踊ると聞いたらレッスンを見学すると言ったほど!

それで一度レッスンを見て行かれた事がありました。

先生と私は、その方がお帰りになってから、「どういう風に見えているのだろうね・・・?」と話していたんです。


一見、障害がある方には全然見えないのですが、その方の言う事で、「あ~そうなんだ」と改めて思う感じなのですが・・

例えば、教室で売っているダンス用のスカートなどを試着してみて、丈が長いとかなんとか様子を見る時の事。

その方、試着をしてみて、なにやら戸のガラスに向かっています。

それで「これって鏡?」と。

違いますよ~と鏡の方に連れて行ってあげたのですが、鏡がどこにあるか分からないのに、鏡に映っているものが見えるのかな???とすごく不思議に思いました。

だけど、やはり鏡をみて「ちょっと長いかな」などと仰っていたので、見えているらしいのです。

他にも、似たような事が何度かあり、とても疑問だったのです。


その疑問が昨日、やっと解けました。

その方とお話をしている中で、偶然分かったのです。

どういう風に見えているのかというと、人な物の、シルエットがなんとなく見えるのだそうです。

ですから、近くで見ても、誰かは分からず、男か女かは分かるとの事でした。

そうか!と納得しました。

だから、サンバがお好きでレッスンを見て行かれたというのも、納得。

二人が組んで、躍動感たっぷりに踊れば、シルエットだけでもきっとその感じは伝わるのでしょうね。

鏡がどこにあるか分からなくても、映っている自分のシルエット、スカートの長さは分かるんですね。


その方は、この発表会でワルツを踊られます。

男の人のリードで踊るから大丈夫なのですが、よく考えると本当にすごいことだな~と思いました。

だって、踊っている時に見える周りの景色が全然わからないという事ですものね。

特に女子はのけ反らなくてはいけませんから、なおさら恐ろしい感じがします。


その方は、はじめての発表で、とても緊張している!だけど、きれいに踊りたいの!!ととても楽しそうにお話ししていました。

私もがんばろう!!と思いました!!





バレエ用品やレオタード通販はleotards-mirror.comへ