レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■勉強になりました

昨日は、商売をやって行く上で、良い経験をしたように思います。

久しぶりに美容室に行ったのですが、いつもと違う所に行ってみることにしました。

場所が分かりやすくて、お値段も普通で、私の場合肌が弱いので、そういう面に気を配っているお店をネットで検索してみました。

それで、いつもよく通る道に新しく出来た美容室に行ってみる事に決めたのです。

なぜそこにしたかというと、決め手は、ネット上で予約出来たからです。

いつもなら、電話をして、「今日の※※時頃お願いしたいのですが~」というと、「少々お待ち下さい。」と言われて、なにやら確認をしている間待っていて、その結果、大丈夫な時もあれば、ダメな場合もあるわけです。

でも、今回は、PCの画面に表があり、日にちと時間が書いてあって、予約できるところにはマル、出来ないところにはバツがあらかじめ記入してあるので、その中から選べば良いのです。

私はこれはいいな~と思いました。

今はまさにこういう時代だと・・・・利用する側も、こういう操作に慣れています。

電話よりメールの方が便利・・・というように、予約もこの方が使い勝手が良いと思う人は私だけではないはず。

それで、その日の都合の良い時間帯を簡単に予約する事が出来ました。


時間になり、その美容室の指定の駐車場に車を停めました。

受付の小さな小屋(?)に感じの良いおじさんがいらして、キーを預けます。

「病院にいくの?」と聞かれました。「美容室に」と答えると、駐車券を提示して無料になる券をもらって帰ってくるように言われました。「もらうの忘れたら、お金かかるよ~~」と・・・親切な方でした。


それで美容室に行くと、とてもとても若い美容師さんが、カットしてくれました。

そしてお会計の時、また私は関心してしまった。

次回の予約を今しておくと、10%引きになるというのです。

そう言われると、髪は伸びるし、定期的に染めないといけないもの(違う人もいるけど)だから、「あ~それなら予約して行こうかな・・・」となると思うのです。

もちろん、前日まで、変更やキャンセルも可で~という説明もあり・・・

なんという商売上手なんだろう~と思いました。

お店で働いている人は、すごい若い女性ばかりでしたので、その上の上司がやり手なのでは?とか深く考えてしまいました。

でも、その若い人たちが、新鮮な脳で色々なアイディアを出しながらやっているのかも知れませんね。

次回の予約も済ませ、30分無料の駐車券を3枚もらって、お店を出ました。

駐車場のおじさんにその3枚の券を渡して待っていると、おじさんは何やら時計を見て、考えている様子・・・

どうしたのかな~と思ったら、3枚のうちの1枚を返してくれて、1時間とちょっとだからおまけしてあげる、と!!

う~む!ここでも私はうなってしまいました。

やはりこういう精神がまたの来店を促すのだな~と思いました。
(駐車場には利益はないけど、何かの形で見返りがあるはず・・・)



そのあと、ちょっと糸が買いたかったので、近くの手芸店に行きました。

すると、欲しいロック糸、数が足りませんでした。

その店主(年齢は60代後半?)に「これをもう一つ欲しいのですが」と言うと、在庫がありませんでした。

「あ~それは・・・それは、明日!明日入る。」

そう言ったきり、すぐに他のお客さんの方にくるっと向いてなんだかんだやっています。

私は思わず「明日出直して来いっていうのか!!!」と言いそうになりましたよ~

それである分だけ買おうかな~と思ったけど、あまり感じが悪いので、買うのをやめてそのまま出てきてしまいました。

私が出て行くときも、「すみません」の一言もありませんでした。

こうなると、「もうこのお店には行かない」と思いますよね。



その日、3つの商売、実りのある体験実習(?)ができました。

私も頑張らなくちゃ!!






バレエ用品やレオタード通販はleotards-mirror.comへ