レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■達成感ありますね

昨日は無事に公演が終わりました。

普通、舞台というそのために作られた環境で行われるものを、全く違う所でやるという試みは、想像以上にいろいろな困難がありました。

一つは音響。

音を出したり音量を調節したりする場所が、神社の建物の奥の方にあり、音を出す人から踊り子が見えない状態のようでした。

ですから影から踊りを見ている人が、音を出す人にQを出すという、二段階になっていたようです。

そのために、リハーサルでも、裏方の皆さんは真剣そのものでした。

他にも色々と苦労があったようです。

まずリハーサルでは、本番の音量でできないという問題。

なぜかというと、神社の周りは普通の住宅街ですので、思い切り近所迷惑な訳です。

そして、スピーカーがそのためのものではないので、どうしても音が良くないのですよね・・・

ですから、小さな効果音などはあまり聞こえなかったり、その小さな音に音量を合わせると、大きな音が大き過ぎてしまったりと・・・


もう一つ、これは難しいな~と思ったのは、舞台のように上手下手に幕がありませんので、出たりはけたりするときに、いったいどうしたら良いの?という感じでした。

控室からスタンバイする時に、お客さんからまる見えな訳で・・・


そして私が最大の問題点、これは!と思ったのが、リハーサルの時に神社の参拝客が訪れるということです。

本番中は貸し切り状態ですが、リハーサルはそうではなくて、普通の方が普通に入って来てしまうという訳で!

中には、そのまま客席に座って見物してしまう方もいたりして・・・


数々の困難を乗り越えて、本番を迎え、いつも思う事ですが、始まってしまえばなんとかなるものです。

私の為に足を運んで下さった方々が、皆、良かった良かった!と言って下さったので、私も本当に良かった!

短い練習期間で、色々大変だったけど、とても良い経験が出来ました。

これが終わってまずは一安心です。





バレエ用品やレオタード通販はleotards-mirror.comへ