レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■行きたい国はミュージカルだった

(二日も日記をさぼってしまった・・・)

先日、お友達とニセコの方へドライブしました。

運転が苦手な私ですが、ここは奮起して、時々交代しました!えらい!自分!

車の中で、お友達といろいろなお話をしましたが、印象に残っていることを書きたいと思います。



なぜそう聞かれたのか、きっかけは思い出せないのですが、お友達に

「海外旅行に行くとしたら、どこがいい?」

と聞かれたんです。

そこで私は、心の中で、ハワイかギリシャだな~と思いました。

ハワイと答えると、あまりにも平凡かなと思って、

「ギリシャに行きたい」と答えたんです。

すると、どうして?と聞かれました。

以前、他のお友達に「海外旅行行くならギリシャがいいよ~」と言われた事があるので、そのせいだと思う、と答えたのですが、どうも、それだけではないような気がします。

だって、行ったことがないのに、ギリシャのきれいな海や、真っ青な空、陽気な船乗りなどが目に浮かぶようなんですもの。

そして、ギリシャの素敵な音楽まで聞こえてきてしまうんです。

どうしてこんなにギリシャのことがはっきりイメージできるんだろう???

なんて考えているうちに、答えがパンと出て、とてもすっきりしました。

私が踊りの道に進もう!と強く心に誓ったきっかけになったミュージカル。

「日曜はダメよ!」

私が観たのは、劇団四季で、イリヤは前田美波里さんでした。

あまりにも感動して、ふらふらになって帰ってきたのを覚えています。

レコードも買って、ポスターも買って、その時は高校一年生でしたけれど、しばらくの間、頭の中は、日曜はダメよ!でいっぱいで、勉強なんてやってられない!っていう勢いでした。

「ギリシャの海に船が来たよ、ひとつ、ふたつ、みっつ・・・・」

という歌詞で始まる歌が大好きで・・・

「金色の地の果てに光るギリシャの港が私はすき・・・歌うたい、陽気に暮らす、ピレウスの港が、私は好き・・・」

というような歌詞だったと思うのですが、違ったかな?

そのことを車内で思い出し、お友達に、ひとしきりミュージカル「日曜はダメよ!」のくわしすぎる説明をした私!

どれほど感動したか、ギリシャに行ってみたいと思うほどすばらしいミュージカルなんだと、気がつけばのどが渇くほど熱っぽく語っていました。

果たして、ダンスにまったく関心がないそのお友達は、こんな私をどう思ったのでしょうか・・・??




バレエ用品やレオタード通販はleotards-mirror.comへ