レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■慣れはストレスの軽減

今日は穏やかな天気です。

本当に1週間過ぎるのが早く感じる今日この頃・・・

え、もう月曜日?

という感じです。

月曜日と言えば、私が担当している社交ダンスの練習会の日。

11月に初めて、早くも5ヶ月目を迎えようとしています。

今日は、予定では新しい仲間が二人加わるはず・・・

でもどうかな??

焼鳥屋さんでお酒を飲みながら話している中で、そういう展開になりましたから、酔いがさめたら忘れていたり、言った事を後悔しているかもしれないな~なんて思ったりしています。

3時間にわたって、ダンスに不慣れな方々と練習するのは本当に体力勝負です。

このままの状態で続けるのは、難しいかも・・・

すごく上手ではなくても、普通に踊れて、普通に女性を誘ってくれるような男の人があと2人くらいいてくれたら良いのだけど・・・


こうして練習会をやるようになってから、気付いた事があります。

私が今まで長く関わってきた踊りは、ジャズダンスやバレエですが、その仲間の中では、音楽を「1,2,3,4・・・」と拍子をとって数える事が当たり前でした。

音楽に合わせないで踊る人なんていなかったし、そんなこと許されるはずもありませんよね。

でも、社交ダンスの世界はそれが許されるんです。

とにかく男性のリードで踊りますから、男性が音楽を外して踊ると、女性はおのずと外れて踊らなくてはなりません。



その上、拍子を数えることが出来ない場合は、当然何拍子か?という事も分かりませんから、3拍子がワルツであると言葉では分かっていても、それを「1,2,3,1,2,3,」とカウントすることが出来ません。

何処が「1」か音楽を聴いても分からないのです。

最初はとても不思議に思いました。

なぜわからないのか?わからないのです。

結果はワルツの音楽をかけても、ワルツと分からない場合などが発生するのです。

同じようなテンポのフォックストロットの曲でワルツを踊ってしまったりする人も結構いるんです。


最初はその事にすごく抵抗がありました。

ダンスをやっているのに、カウントがわからないなんて、分からないのにそのまま踊っているなんて、どうしても納得がいかなかったんです。

それで今は?というと、今でも納得した訳ではありませんが、以前のようなストレスは感じなくなったように思います。

そういう人があまりにも多くて、そうでない人の方が珍しいように感じられるようになったからでしょうか・・・


慣れって恐ろしいものだな~と思います。







バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ