レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■権力に立ち向かう

昨日は、もうジャズダンスを教える仕事を辞めることになったとここに書きました。

 

もう八方ふさがりで、そうするより他に道があるとは思えなかったからです。

 

昨日のレッスンで集まったメンバーにその事を話しました。

 

もう皆、ここまで来たら諦めると思ったんです。

 

ところが!

 

なんと、皆さん、まだ諦めないのです。

 

絶対に辞めないで!というのです。

 

でも、会社はスポーツクラブ。

 

その方針というもの、何に力を入れてこれから先集客していくか、という目標の様なものがあり、それがジャズダンスではないという事は、誰の目にも明確です。

 

そんな会社側の非協力的な中、私一人が肩肘を張って粘ったところで、仕方ない・・・私一人ではもうどうしようもないのです。

 

続けたいならば、会員をドッと増やして結果を出し、会社に認めてもらうより他に道はないのだと言う事を、みんなに時間をかけて話しました。

 

そして、何十分もレッスンもしないで皆で話し合いました。

 

その結果はというと・・・・

 

どうにかして、皆が力を合わせて、参加者をうなぎ上りに増やして見せる!というのです。

 

それならば文句ないでしょう?!という勢いです。

 

私はその情熱に驚きました。

 

それに感動しました。

 

私の人生ですから、もうここまで、と線を引いて引退するのは私の自由だと思っていました。

 

でも、昨日の夜は、ここまで人に好かれているなんて、なんて幸せなことなんだろうと・・・

 

諦めて「辞めます」と言ってしまえばそれでおしまい。

 

楽かも知れません。

 

だけど、それで良いのかな?

 

と思いました。

 

今日は、もう一度、会社の担当の方と話してみる予定です。

 

皆が協力してくれると言ったこと、その情熱をもう一度話してみます。

 

それでもダメなら仕方ない。

 

私を慕ってくれているメンバーのために、もう少し、頑張ってみます。

 

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ