レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■現実からかけ離れた空間でした

昨日は素晴らしいものを見る事ができました。

 

知人のダンスの発表の日だったです。

 

とても風変わりな会場で、前にも一度行った事があるのですが、二回目でもやはりインパクトは大でした。

 

え~こんなところに?!という所に小さな劇場があるんです。

 

今回は社交ダンスの先生をお誘いして、二人で行きました。

 

先生と二人で歩いて、劇場に到着。「ここですよ~」

 

建物の横に本当に小さな入口があって、そこから地下へ、人が一人通れるくらいの巾の階段で下りていきます。

 

その階段の中ほどのところに受付があって、そこでお金を払うのです。

 

受付と言っても、ただ階段の途中に係の方がいるだけなので、支払いが済むとその人と壁の隙間を縫ってまた階段を下りていき、会場に辿り着くという感じ。

 

とても小さな舞台に小さな客席ですが、お客さんはびっしり入って熱気がムンムンとしています。

 

時間になると、5人のコンテンポラリー系ダンサーが代わる代わる出てきて、個性的な作品を発表しました。

 

そして最後の作品はとてもコミカルなもので、今まで数々見てきたけれど、こんなに面白おかしい踊りは初めてでした。

 

途中、笑いがこみあげてきて、どうしようもなく、苦しかったです。

 

最後の方には、観客と出演者が一つになり、みんなが笑顔で幕となりました。(実際には幕はない舞台でしたが)

 

公演が終わると、また細い階段を上って外へ・・・

 

来た時とは全然違う気持ちで同じ道を通って帰りました。

 

その日は雪まつりの前夜祭で、人の出も多く、賑わっていましたが、私の心は今観た舞台のことで一杯で、なぜ街が混んでいるのかすぐには分からなかったくらいです。

 

寒い風がビュービューと吹きつける中、舞台の余韻に浸りながら歩きました。

 

そして何よりも嬉しかったのは、同じダンスでも全然違う社交ダンスの先生がこの舞台を楽しんでくれていた事です。

 

先生は「みんな踊る事が本当に好きなのね」と・・・

 

それから先生と二人で甘いものを食べて、帰りました。(本当はお酒の気分でしたが、良い子ぶって・・・)

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ