レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■出逢い、そして悲劇の始まり

ウエストサイド物語は前半と後半に分かれています。


トニーとマリアの出逢いから、高架下の戦いの場面。


そしてついに、リフとベルナルドがナイフを出し、一気に悲劇になって行くまでが前半です。

 

 

 

第一幕のあらすじを調べてみました。

 

 


★第一幕


ニューヨークのウエスト・サイド。イタリア系アメリカ人の少年ギャング団「ジェッツ」(ジェット団)と、新参のプエルト系アメリカ人の少年ギャング団「シャークス」(シャーク団)は、なわばりを巡って対立している。

 

今日も2グループの間で争いが起きるが警官の呼子笛の音に止められる("Prologue"「プロローグ」)。

 

クラプキ巡査とシュランク警部補が現れて少年たちに説教をして帰っていく。

 


メンバーは初めトニーはもう抜けたと反対するが、リフは「一度ジェッツになったら死ぬまでジェッツだ」と歌う。

 

メンバーもついには了解し、夜に中立地帯である体育館で行われるダンスパーティでベルナルドに決闘の申し込みをすることにし、全員で「ジェッツが一番だ」と歌い踊る("Jet Song"「ジェット・ソング」)。

 

ジェッツのリーダー・リフはシャークスとの関係をはっきりさせるために決闘しようと言い出し、ジェッツのメンバーが賛成する。

 

ついては決闘についての取り決めをシャークスとする必要があり、リフは自分の副官にトニーを選ぶ。


せがむリフに遂に折れ、トニーはパーティに行くことにする。午後5時半。

 

ドックの経営するドラッグストアで働くトニーに、リフがパーティに来るよう頼んでいる。

 

追い払おうとするトニーはなぜジェッツに興味を失ったのか聞かれ、ここ一月何かが来るのを予感して毎晩目が覚めること、その何かを楽しみにしていることを語る。

 

後悔するだろうと言うトニーにリフがそれはわからない、ダンスでその何かがまっているかもしれないと言って去っていくと、トニーはその言葉を受けて、素晴らしい「何か」が確かに今晩来るかもしれない、と歌う("Something's Coming"「何かが起こりそう」)。

 


ブライダルショップ。

 

アニタがマリアのコムニオン用の白いドレスをパーティ・ドレスに作り替えている。マリアが「今夜が私のアメリカの若い女性としての人生の始まり」と言って回り出すのをきっかけに場面転換。

 

6時。完成したドレスをマリアが着たところにベルナルドとチノが現れる。

 

マリアが胸元をもう少し広げるように頼むが、アニタはベルナルドとの約束を持ち出して聞かない。セリフからマリアがチノと結婚するために合衆国に来てまだ一月であることがわかる。

 


体育館のダンスパーティーでジェッツとシャークスが踊っている。グラッド・ハンドとクラプキが現れ、2つのグループを一緒に踊らせようとするが失敗し、マンボのリズムに乗ったダンス合戦になる。

 

トニーに迫ろうとするベルナルドにリフが割り込み、一時休戦とドラッグストアでの話し合いを約束する("The Dance at the Gym"「体育館でのダンス」)。帰っていくマリアにチノが「さあ、マリア」と声をかけたのを聞き、トニーは彼女の名を知る。

 

唇を交わそうとしたところにベルナルドが妹に近付くなと現れ、チノにマリアを連れて帰るよう命じる。

 

トニーは一人夢見心地で、マリアの名を幾度も口にして称える("Maria"「マリア」)。その渦の中に現れたトニーはマリアと出会い、2人は瞬く間に恋に陥る。

 

別れ際に翌日の夕方にマリアの働くブライダルショップで会う約束を交わす。

 

トニーは裏路地でマリアを探しまわり、建物上階の窓に彼女を見つける。

 

2人は彼女の家の非常階段で互いの気持ちを確かめあう("Tonight"「トゥナイト」)。

 

マリアをコントロールしようとするベルナルドに、ここは女性も自由に楽しめる国アメリカだとアニタは言う。そんなに故郷がいいんなら帰ればというアニタをきっかけに、美しい故郷を懐かしむロザリアと、故郷を嫌悪しアメリカを称える他の少女たちが歌いあう("America"「アメリカ」)。

 

トニーと入れ替わりにシャークスの面々が帰ってくる。

 

話題はトニーに及び、移民2世でもアメリカ生まれである故に「アメリカ人」の彼と「外人」扱いの自分たちの境遇の違い、アメリカに来た時の期待、プエルトリコへ帰って錦を飾る希望を彼らは語る。

 

アニタに促され、ベルナルドは少年たちを率いてドックの店へ向かう。

 


シュランクが現れ、ギャング団たちは去る。シャークスが現れ、決闘の条件の話し合いが始まる。

 

興奮したメンバーにリフは「落ち着け、クールに振る舞え」と歌う("Cool"「クール」)。

 

翌日、高速の高架下まで決まり、武器で揉めている最中、入ってきたトニーの提案で一対一の素手を決定し、ジェッツからはディーゼルが選ばれる。

 

ドラッグストアでシャークスを待つジェッツ。シュランクは決闘について聞き出そうとするがドックとトニーは口を割らない。

 

シュランクが去った後、トニーはドックに自分が恋に落ちたことを話す。

 

翌日午後5時半、ブライダルショップ。

 

マリアがアニタを先に帰そうとしているとトニーが現れる。それから2人は結婚式の真似事をしてお互いの愛を再確認する("One Hand, One Heart"「ひとつの心」)。

 

アニタが去った後、マリアはトニーに素手であろうと争うのはよくないと決闘の場へ行ってやめさせるよう約束させる。

 

9時。高速道路の高架下で決闘が始まる。

 

遅れて現れたトニーは決闘をやめさせようとするがうまくいかず、ベルナルドのトニーへの嘲笑に逆上したリフが手を上げ、ベルナルドとリフはナイフを持ち出して争い出す。リフはベルナルドを追い詰めるが、押さえつけるディーゼルの手を振り払い止めに入ろうとしたトニーに気を取られた一瞬の隙に、ベルナルドがリフを刺し、トニーもリフのナイフでベルナルドを刺す。

 

乱闘となるが、警察の笛の音、続くサイレン音に少年たちは殺された2人とトニーを残して散る("The Rumble" 「決闘」)。

 

マリアの名を呼び立ち尽くしているトニーを戻ってきたエニバディズが我に返らさせ、2人も逃げていく。

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ