レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■またしても簡単ソーイング

自分用に、レオタードの生地でワンピースを作りました。

 

体にフィットした形で、サイドにスリットを入れるのは、私のよくやるパターンです。

 

ダンスのパーティーの時は、よくこの形のものを作って着用します。

 

今回は、ハイネックにしてみました。

 

ハイネックにする場合は後ろファスナー(コンシール)にすることが多いのですが、身頃の中央、前も後ろも大きな柄があるので、ファスナーはやめることに・・・

 

ファスナーをつけると言う事は、柄をカットして縫い代を取ることになりますので、どうしても柄の間、左右の縫い代分が表には見えなくなってしまいます。

 

それでもどうしてもファスナーを付けて元の柄も生かしたい場合は、「柄あわせ」をしなくてはなりません。

 

後ろ身頃に通常の倍の生地を使うことになります。

 

右側と左側を別々に裁断するのです。

 

そしてファスナーをつける時は、細心の注意をはらいます。

 

ファスナーを閉じたときに、ぴったりと柄があっていなくてはお笑い草なのです。

 

以前、和服を洋服に仕立て直すお店で働いていたことがあります。

 

そこで、「嫌だな~この仕事」と思ったのが、やはりこの柄あわせ。

 

留袖の生地でワンピースを・・・というようなご注文がけっこうあって、それが当たった時は、うわっ!ついてないな~と思ったものでした。

 

という訳で、今回の自分用のワンピースは、柄あわせをする気なんて最初から全然なかったのです。

(生地も足りないし・・)

 

自分のだから適当でいいし~という感じでいつも作りますが、よく考えると、自分のはお客様のを作る上で良い練習になりますから、どんどん難しいものにトライしていった方が良いはず・・・

 

しかし、そう考えても、いつも考えるだけで、時間に追われ、「今週末パーティーだ、急いで何か作らなきゃ!」とあわてて作るので、全然実行できないんです。

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ