レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■普通の動作が難しい

明日はピアノの発表会。

 

その中で、ちょっとした物語をピアノ曲で綴っていくというものがあり、その演出?みたいなものを頼まれ、今日、その最終的なリハーサルに参加しました。

 

色々な踊りをやってきましたが、どの踊りでも難しいな~と感じるのは、歩く、走る、という動作です。

 

音楽に合わせて振付がありますが、その踊りが終わった後はける時、それから次の踊りの位置までいく時がどうも様にならない・・・という経験を数えきれなくらいしてきました。

 

そういうところまで、ぬかりなく練習していかなくてはダメなんですよね。

 

今回はピアノの発表会という事ですので、メインはピアノの演奏。

 

演奏と演奏の間にお芝居や効果音が入るという、とても面白い作品です。

 

演じるのは小学校の生徒さんたちで、みんな結構のりのりかも・・・?

 

私が指導をしていて、「これは難しいな~」と特に感じたのは、やはり踊りと同じ、歩き方などでした。

 

その上、ピアノを演奏しなくてはならないので、ピアノの椅子に座ったり立ったりという動作も加わります。

 

ピアノと椅子の間隔なんて、普段あまり考えたことがなかったのですが、実際に近くで見ると、かなり近くてあまり動く事ができません。

 

それに演じる子供たちはピアノの生徒ですから、踊りをやっていてよく体が動くような子供ではありません。

 

ですからちょっとした振付をするのも大変だった~~

 

でも、少ない時間のなかで、あーでもない!こーでもない!とやっているうちに、何とか形になってきました。

 

明日は本番です。

 

上手く出来るかな~

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ