レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■2wayでのスカート

今、ジュブナイル用のレオタードを仕立てています。

 

お客様のご要望で、スカートの裾のラインが斜めになっているものです。

 

今年の夏でしたが、同じような衣装のご注文をお受けしました。

 

それはバレエ発表会の中での創作ダンスのためのものでした。

 

スカートの裾をぐっと斜めにしたものでしたが、その上、スカートを2色にして動きを見せるというご要望・・・要するにスカートを2枚重ねにするという事でした。

 

2wayという生地は、実はけっこう重量がありますし、その上、2枚に重ねる上になる生地はベロアの2wayでしたから、本当に重い衣装でした。

 

しかし普通、2wayという生地の重さなんて、あまり考えないですよね。

 

どうして考えなくてよいかというと、2wayで仕立てる代表的なもの、「レオタード」は使う生地が本当に少ないからなのです。

 

袖のないものでしたら、1mもかからないのです。(80cmあれば大きな人の物でも出来てしまいます)

 

ですから、生地の重さなんて考えなくてよいのです。

 

しかし、それでスカートを・・・となると話は違います。

 

円形のスカートは生地をふんだんに使いますから、そのまま重量感が出ます。

 

今作っているものに使っている生地は、2wayの中でも軽い方なので、良い感じ。

 

ほどよい重量感で、まわったりすると、きっと良い動きが出ると思います。

 

最近よく感じるのですが、社交ダンスの衣装、特にラテンの衣装は左右対称になっていないものが多いですね。

 

スカートの裾だけでなく、上半身の部分も、ワンショルダーだったり、形は同じでも飾り付けで変化を出したりしているようです。

 

特に社交ダンスの場合はラインストーンを付けますから、生地の多い部分にはストーンも多くつく訳で、その分また重くなってしまうのです。

 

凝れば凝るほど重くなり、また左右の差も出てきますから、踊る方は大変ですね。

 

でもそれを乗り越えないといけないという訳です!

  

 

バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ