レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■王様と私

今は、シャル・ウィ・ダンス?というと、社交ダンスの映画を思い出す人が多いかもしれません。


でも、始まりはこの、「王様と私」であることはもっと有名ですね。


私はやはり、ユル・ブリンナー演じるシャム王があまりにも印象的!


アンナと踊る場面が大好きです。


この映画では、きっとみんなあの場面が好きで、「あまり好きでない」という人がいたら、不思議ですね。

 

 

 

 

「王様と私」について、調べてみました。

 

 

 

19世紀のタイ国王ラーマ4世の王太子(後のラーマ5世)の教育係として雇用されたイギリス婦人アンナ・レオノーウェンズ(1834年11月5日 - 1915年1月19日)が、文化の違いに悩まされながらも、しだいに理解を深めて行く過程を描いたもので、いわゆるウェスト・ミーツ・イースト(West meets East)ものである。

 

『王様と私』(おうさまとわたし、The King and I)は、マーガレット・ランドンが1944年に発表した小説「Anna and the King of Siam」(アンナとシャム王)を原作として、1951年に初演されたミュージカル作品、および1956年に製作されたアメリカ映画。

 

ロジャース&ハマースタインのミュージカル、ミュージカル映画として名高い。

 

映画「王様と私」は、同原作で1946年に製作された映画「アンナとシャム王」(Anna and the King of Siam)のミュージカル・リメイク。

 

原作は、1951年初演のミュージカル、1956年製作の映画のほかにも、繰り返しリメイクされている。

 

 


★あらすじ

 

1860年代のこと、夫を亡くしたイギリス人女性、アンナ・レオノーウェンズは、王子・王女の家庭教師として、タイ王国の首都バンコクの王宮に迎えられた。

 

アンナは、封建的なタイ王室に近代の風を取り込もうとして、伝統としきたりを重んじる頑迷な王様と対立してしまう。

 

しかし、衝突と対立を繰り返すうち、次第に二人は引かれ合うようになる。

 

★映画作品の特色・受賞歴

 

映画「王様と私」は公開当時、シネマスコープ(20世紀フォックス社によって開発されたワイド・スクリーン)を活用したミュージカル映画として、全世界で好評を博した。

 

また、本作はゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)を獲得し、「アンナ」役のデボラ・カーはゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

 

作品賞の受賞は逃したものの、「シャムの王様」役のユル・ブリンナーはアカデミー主演男優賞、衣裳のアイリーン・シャラフはアカデミー衣裳デザイン賞、美術のライル・R・ウィラー、ジョン・デ・キュアらはアカデミー美術賞、また、ミュージカル映画音楽賞、録音賞の5部門で獲得した。

 

本作は、アカデミー作品賞、監督賞など9部門にノミネートされた。

 

 

★映画のキャスト

 

王:ユル・ブリンナー

 
アンナ・レオノーウェンズ:デボラ・カー(歌唱吹き替え:マーニ・ニクソン)

 
タプティム:リタ・モレノ

 
ルイズ(Louis T. Leonowens):レックス・トンプソン

 
クララホーム:マーティン・ベンソン (Martin Benson)

 
ラン・タ:カルロス・リヴァス

 
チュラロンコーン王子:パトリック・アディアート

 
エリザ:ユリコ

 
サー・ジョン・ヘイ:アラン・モウブレイ (Alan Mowbray)

 
サー・エドワード・ラムゼイ:ジェフリー・トゥーン (Geoffrey Toone)

 
テリー・サンダース

 
ミチコ・イセリ

 

 

 

★タイ王国における作品の扱い

 

王が、イギリスからアンナ・レオノーウェンズ(Mrs. Anna Leonowens)を家庭教師に招き入れ、西洋の教育を子弟に行った。これがミュージカルや映画の原作となった。

 

現在でも国王と王室が尊崇敬愛され、不敬罪が定められるタイでは、「王様と私」の上演・上映が禁じられている。「王様」のモデルは、タイ仏教の改革と列強諸国との外交に努めたタイ国王・ラーマ4世(在位:1851年 - 1868年)とされる。

 

アンナは、この体験を元にして、1870年に「The English Governess at the Siamese Court」(英国婦人家庭教師とシャム宮廷)を、1873年には「Siamese Harem Life」(シャムの後宮生活)を著した。

 

ただし、アンナの著書にも創作と誇張が多く、アジア蔑視と思われる点が散見されると指摘される。

 

両書を元に、マーガレット・ランドンが小説『Anna and the King of Siam』(アンナとシャム王)を創作。

 

 

 

 


バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ