レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■なんでも基礎!

今、朝のレッスンに出て帰ってきました。

 

午後からは、フラダンスのドレスを仕上げる予定。

 

二つの色の違う生地を組み合わせた、ちょっと変わったデザインです。

 

製図するのも、縫うのも、正直言って大変でした。

 

でも、とてもいい感じに仕上がってきています。

 

出来上がったら、写真アップしますね!

 

洋裁で、すごく重要だな~と感じるのは、製図です。

 

きちんと採寸して、それを元に製図をすること!

 

それがしっかりしていると、仮縫いの時に、多少調整をするだけで、体に合った良い服が出来ます。

 

最初の製図が悪いと、後から何度も仮縫いをしても、どこかちょっと気に入らないな~というような服になってしまいます。

 

最初が肝心ですね。

 

なぜそんな事を思ったのかと言うと、今日のレッスンで、似たような事があったのです。

 

社交ダンスは、きちんとした教室でレッスンを受けなくても、「ダンスホール」なるものがあり、そこで遊びながら踊りを教えてもらえたりします。

 

バレエやジャズではそういう事はありませんね。

 

今日のレッスンでは、遊びながら踊りを覚えたという方がいらして、「いつも適当に踊っているので、それを直したい!」と強く願っていると仰っていました。

 

その方と一緒にレッスンを受けましたが、やはり、一度ついてしまった癖を直すのは大変そうだな~と思いました。

 

そのレッスンの時の先生のお言葉・・・

 

「普通土台の上に家を建てるけど、家を建ててから土台を作るようなものだから、ちょっと大変ね・・」

 

なるほどな~と思いました。

 

踊りも、基礎が大切。

 

洋裁も、格好良いデザインを考える前に、きちんと採寸出来ているか、そしてそれを元にきちんと製図できるのか・・がとても大切です。

 

何事も土台なんですね!

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ