レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■性格を見抜かれて

昨日は社交ダンスの個人レッスンの日でした。

 

アシスタントの資格を取ってから、少しまったりした気分で、踊る情熱も若干クールダウンという感じの今日この頃・・・

 

本当なら、今度はプロの資格を!と目指せば良いところなんですが、何せ今のこの不景気で、ダンス教室も苦しい経営です。

 

苦労してお金もかけて資格を取ったとしても、仕事がないのがわかっていますから、先生とも相談して今のところは保留することにしたのです。

 

私としては、きっとこれから先、ダンス人口が激増して、私も生徒を持てるようになる日は来ない可能性が高いと思っています。

 

すると、なんでこんなに頑張っているのだろうか?と、ある時から疑問を持つようになってきました。

 

最初にそういう疑問をもった時は、まだアシスタントの資格を取ろうと決める前で、発表会が終わった直後でした。

 

これからどうしたら?何をがんばったら良いのか?プロ資格?と思いましたが、先生からはあまり勧められなかったので、現実をよく見つめるようになったのです。

 

そうすると、どうやってこれからのダンス人生をエンジョイしていけば良いのだろう?

 

目的もないのに、厳しく、そして高額な個人レッスンを受け続けて、意味があるのか?と・・・

 

ここまで一生懸命社交ダンスを勉強してきたのも、何か将来につながる気がしていたからで、その夢が無くなってしまったら、糸の切れた凧のように、気持ちがフラフラとし始めたのです。

 

そこで私が思った事は、選手にも先生にもなれないなら、パーティーでいろんな人と何でも踊れるようになることを目標にしよう!でした。

 

それで、お世話になっている先生には申し訳ないけど、違う教室にも行って、色々なステップを学び色々な人と踊る武者修行(?)をする事に決めたのです。

 

手始めに、近くの教室の現役選手の先生のおためし個人レッスンみたいなのを受けてみました。

 

先生にはきちんと事前に報告をしてから行きました。

 

「☆☆先生の個人レッスンを受けてきても良いですか?」ときちんと聞いたら

 

「いいよ」と言われました。

 

でも、この時すでに先生は私の心の迷いを鋭く感じたに違いありません。

 

私は☆☆先生の個人レッスンが終わった時に、次はサークルレッスンを受けようと心に決めていました。

 

☆☆先生に何曜日のレッスンが良いでしょうか?と聞いて確認したくらいですから、本気だったと思います。

 

だけど、その次にいつもの先生に会った時は、もうアシスタントの資格を取るための費用や手順など、今までになく具体的に聞かされました。

 

フラフラしていた私は、これでグッと引き寄せられ、身動きの出来ない状態になった気がしました。

 

と言うと悪い事のようですが、これで良かったと思っています。

 

深く勉強したことで、今まで曖昧に踊っていた事が良く分かったし、正しく覚えることですごく自信もつきましたし・・・

 

ところがアシスタントの資格を取ってしまったら、また心にポッカリと穴が!

 

また、違うダンスの世界をのぞいてみたい欲求にかられ始めた私・・・

 

すると先生はまたまたそれを見抜いたのか、来年の発表会の会場の下見のお伴をしろと!

 

それが終わったら、今度のクリスマスパーティーで何か余興をやれと!

 

そしてそれが終わったら、夏の教師協会の催し物で踊れと!

 

次から次から色んな事を要求されました。

 

きっと先生は、私の性格を、ちょっとの暇も与えてはよそ見をするのよね~なんて思っているのかも知れません。

 

これからずっとこんな感じなんだろうな~なんて思いました。

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ