レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■頭が疲れた

昨日待ちわびた宅配便も届き、今日ははりきって仕事ができます。

 

でもその前に1レッスン受けることになっていて、帰って来たのは12時半でした。

 

それから私の親戚(いとこです)がピアノの教師をしていまして、その発表会について相談を受けました。

 

その事で話すのは3回目です。

 

ピアノの発表会を、普通の物よりもおもしろ~~くしたいとの事で、私が長く携わってきたジャズダンスの舞台の構成や演出などの経験から、意見を聞かせてほしいの~という感じ・・・

 

そんな風に言われると、頼まれてない事までガンガンやってしまうのが私の良いところ(悪いところ?わかりません・・・)。

 

今日は、本番での最終的な段取りや衣装について相談しました。

 

ピアノの演奏で一つの物語を綴るような作品で、なかなか難しいものです。

 

演奏するのは子供たちで、ピアノの前に座って弾く前後に、ちょっとしたお芝居をしたりするんですよ。変わってますよね。

 

私はどうやったら、見ているお客様に少しでも意味が分かるか、場面のつながりで不自然なところなどないか・・・色々考えました。

 

こういう事をしていていつも思うのですが、どうしてもダメだ、どうしようもない、と思っても、よく考えると必ず解決方法があるんです。

 

諦めないで、よく考えてみる事と、頭を柔軟にすることが大切だな~といつも思います。

 

もう一つ、頭を柔軟にして考えたことがあります。

 

私が主催するパーティーで、何か楽しい事をやろうと思って、頭を悩ませていたんですが・・・

 

一応練習会ということですので、どうやったらみんなで仲良く練習できるか?という事ばかり考えていたのですが、頭を切り替えて、ダンスを取り入れたゲームをしてしまおう!と思い直しました。

 

それで考え出したのが、名付けて「さんすうジルバ」です。

 

一人一人に番号の書いてある札をあらかじめ渡しておいて、こちらで掲示した番号の人が男女一人ずつ出てきてジルバを踊ってもらう。

 

という単純なものですが、その掲示する番号が簡単な計算になっているのです。

 

大き目の紙に「2x3」とか書いておいて、それを見せる。

 

すると6の人が出てくるというような感じで・・・

 

男子が「7-4」で女子が「2+3」とかすると、結構複雑のような気も?

 

そして時々は「fever!」と書いたボードを出します。

 

その時は、全員が誰かと必ず踊らなくてはならない。

 

なんていうのはどうかしら・・・

 

来週の月曜日、人が男女3人ずつくらい集まったらできるかな~と・・・

 

上手くいくか、試してみます。

 

 

 

さて、でもそろそろ本業をしなくてはなりません。

 

まずは製図を・・・

 

だけど、頭を使ってちょっと疲れたかも・・・

 

製図の前に、お茶タイムしちゃおうかな~~

 

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ