レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■何が楽しくて踊るのかというと・・

すっかり秋らしく、寒くなって参りました。

 

汗をかくレッスンには、冷えは大敵。

 

先日、知人に手編みのベストを頂きました。

毛糸でざっくりと編まれていて、軽くて暖かい!

そしてデザインもなかなかグーで、それを着ていると、「いいね~」と言われます。

社交ダンスのレッスンの時に、とてもいいので、最近はもっぱらそれを愛用しています。

 

 

前にここにも書きましたが、今、社交ダンスのアシストティーチャーという資格を取るための勉強をしています。

教科書にそって定められた、それぞれの種目の足型を覚えていき、それを正しく正確に踊ることがまず第一の課題。

 

踊りをキレイに、とか上手にという事よりも、とにかく「正確に」ということが先決です。

 

そのために、毎回、先生の前で、その足型を踊って見せなくてはなりません。

そして少しでも角度などが違うと「やり直し!」という訳です。

 

ゆっくり、正確に、ステップを踏んでいきます、音楽も一切使わずに、音と言えば、自分で唱えなければいけないカウント。

 

要するに自分の声だけです。

 

その勉強をしている間、実はとても体の調子が悪くなりました。

腰から背中にかけて、痛い、というか、凝るというか?

慣れないことで、疲れているんだな~と思いました。

 

やっていくうちに、背中のつらい部分を温めると楽になる事がわかりました。

そこで、頂いたベストが活躍!寒い日は、更に貼るカイロも装着。

そんなこんなで、大分この生活にもなれ、ステップもずいぶん覚えたんですよ。

 

そして第2ステージ(なのかどうかよく分かりませんが・・・)先回から、実際に先生と組んで踊る勉強になりました。

今度は音楽に合わせて、キレイに踊る勉強ですね。

 

それが始まったら、あ~~~~なんて楽しいのでしょう!

 

音楽に合わせて、体を十分に使うと、本当に気持ちがいいですね。

その第2ステージ(と勝手に・・・)が始まってから、驚いたことに、背中の痛みがあっという間に治ってしまったんです。

やはり、こうでなくちゃ!

と思いました。

 

ダンスって、音楽に合わせてのびのびと体を動かすことが喜びなんですね~

 

でも、より美しく踊るためには、まずは正確に!ということで、あのような辛い勉強もしなくてはならないという事でしょうか。

 

そうは思っても正直な気持ちは「音楽でガンガン踊りたいよー!!」です。

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ