レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■決意して・・・

油断すると、すぐブログを更新するのを忘れてしまいます。

 

ここのところ、バタバタとしていて気持ちが落ち着きませんでした。

 

なぜかと言うと・・・

 

社交ダンスの「アシストティーチャー」という資格を取ることになったからです。

 

どうしようか、かなり悩みました。

 

私にはこのお店の仕事がありますので、やはりそれを頑張りたいと思っていますし、頑張らなくては生活もしていけない、ダンスを習えるのもこうして一生懸命働いているからです。

 

資格を取る事にはお金も時間もかかります。

 

そのかかった分、資格を取得してから取り戻せるかどうか?

 

今のこの時代、ダンスなどの娯楽は真っ先に打撃を受け、どこの教室も生徒が減り、苦しい経営になっているのではないでしょうか?

 

よほど工夫をしなければ生き残っていけない。

 

それはダンスの業界だけではないかもしれませんが・・・

 

そんな時代とわかっていながら、この資格を取ることは、本当に賢い選択なのだろうか?

 

そのお金で良いミシンを買ったり、ホームページを宣伝したりした方が良いのでは??

 

いつまでも一人で悩んでいました。

 

先生も、こんな時代ですから、無理に「取りなさい」とは言わず、「ミラーちゃん次第よ。」と・・・

 

やはり最後は自分で決めなくてはいけないし、お金を払うのも、勉強するのも、私なんです。

 

そして悩んだあげく、やっと決心しました。

 

その講習が今週から始まったのです。

 

資格を取って働きたいという理由では、決心がつきませんでしたが、よく考えると、やはりここまで頑張って来た結果を形として残したいと思いました。

 

それに、人一倍頑張ってきてその上先生のお手伝いもしていますから、周りの生徒の方からも必然的にそういうような目で見られていたのも事実です。

 

ですから、最早、普通の生徒でいることが苦痛になり始めていました。

 

その気持ちをすっきりとさせるためにも、もうこれはやるしかない!!

 

それでやっとこさっとこ決意したのでした。

 

火曜日から講習が始まりましたが、勉強を始めてみて最初に思ったのは、

 

「やっぱりやることにして良かった!」

 

なぜかと言うと、今までなにげなく踊ってきたステップを、全部細かく分解して一つ一つ覚え直さなくてはならない、その作業は、まるで外国語を覚えているかのようで、すごい、脳トレだからです。

 

いつも同じ事、ミシン、製図、パソコン、そしてダンス。を繰り返す毎日で、頭は使っているけれど、もうどれもこれも慣れっこになっていました。

 

ですから私にはとても新鮮で、なんでもいいから「がんばるぞ~~~」という気持ちになりました。

 

そんな訳で今週はとても疲れました。

 

実はもう一つ、疲れた理由があるのですが、それはまた今度書くとします。

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ