レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■ミュージカルとは

大好きなミュージカル!


今まで、色々と観てきました。


一番好きなのは?と聞かれたら、「雨に唄えば」かな・・・


「コーラスライン」も好き。


私が踊りの道に進もうと強く思ったきっかけは、前田美波里さんの「日曜はダメよ」でした。


あの時はまだ高校1年生。


純真無垢な心に、このミュージカルの興奮がドカーンと響き、絶対舞台で踊る人になってやる!と思ったものでした。

 

そんなことを思い出しながら、ミュージカルについて調べてみました。

 

 

 


ミュージカルとはミュージカル・シアターの略語で、ミュージカル・プレイ、ミュージカル・コメディ、ミュージカル・レビューの総称である。

 

ミュージカル(Musical)は、音楽、歌、台詞およびダンスを結合させた演劇形式。

 

ユーモア、ペーソス、愛、怒りといったさまざまな感動要素と物語を組み合わせ、全体として言葉、音楽、動き、その他エンターテイメントの各種技術を統合したものである。


全編を通じて一貫したストーリーが進行するブックミュージカルと、ストーリーが無いブックレスミュージカル(またはコンセプトミュージカル)がある。代表作としては、『マイ・フェア・レディ』、『屋根の上のヴァイオリン弾き』、『サウンド・オブ・ミュージック』、『ショウ・ボート』、『キス・ミー・ケイト』、『エニシングゴーズ』などがある。

 

ブックレスミュージカルの代表例としては『CATS』や『コーラスライン』などがある。

 

通常ミュージカルと言えば、大半はブックミュージカルを指す。

 

芝居、歌、ダンスがそれぞれ独立したものでなく、一体となって劇的効果を高めているのがミュージカルの特徴である。

 

台詞も全て音楽に乗せて歌うオペラ形式のミュージカルもあり、こちらはポップオペラというジャンルと重なる。

 

代表的な作品に『オペラ座の怪人』や『ジーザス・クライスト・スーパースター』、『レ・ミゼラブル』、『ミス・サイゴン』がある。

 


ミュージカルという演劇形式そのものに自己言及する傾向があるのはミュージカルの大きな特徴である。

 

またミュージカルは舞台以外のメディア(映画、テレビ、テーマパークにおけるアトラクションなど)上で展開されることも大きな特徴である。

 

いわゆるバックステージものと呼ばれる作品がミュージカルには多い。

 

まだ比較的新しい演劇形式である為、その方向性やスタイル、音楽においては、定まった形式が決まっておらず、聾唖者の手話やパペットを取り入れたり、前衛的な試みがいつも行われており、素晴らしい成果を上げている。

 

ミュージカルは上演形式としては一幕または二幕からなる。

 

ダンス・歌唱・楽曲の各要素の比率や構成には特に定まった形式はなく、レビューのように踊り中心のものから、ストレートプレイに近いものまで、さまざまな形式の作品がある。

 


舞台で上演するほかに、ミュージカル映画としても数多くの作品がある。

 

またディズニーも長編アニメーションでミュージカル作品を多数作っており、実写とアニメーションを合成した『メアリー・ポピンズ』のような異色作も製作している。

 

台詞や歌のないダンスのみで構成された作品や、サーカスのような他の作品との融合、シェイクスピアなどの古典劇のミュージカル化など、様々な形式のミュージカルがある。

 

これらのミュージカル映画は舞台作品を映画化したものと、映画のためにオリジナルの作品を新たに作るものとの二種類がある。

 

たとえば『サウンド・オブ・ミュージック』、『南太平洋』、『踊る大紐育』が代表的な例であり、主としてメトロ・ゴールドウィン・メイヤースタジオが製作を手がけた。

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ