レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■ブロードウェー、ウエストエンド

私は一度ニューヨークに行ったことがあります。


ミュージカルを見て、ダンススタジオでレッスンを受けよう!というツアーに参加したんです。


その時は、ホテルがキャッツシアターのすぐ近くで、当然のようにキャッツを観ました。


それはそれは素晴らしいものでした。


ダンスもすごかったし、衣装、メイク、そして歌がすごかった!!


グリザベラが「メモリー」を歌い上げる時、その高音部分で超鳥肌!!!


その後、日本で劇団四季のキャッツを観ました。


その時、ニューヨーク版であったシーンがなかったような気がして「?」と思ったのを覚えています。

 

アメリカ、イギリスと日本のミュージカルについて調べました。

 

 

☆興行形態


★アメリカ、イギリス

 

ブロードウェイでヒットすると、オリジナルのカンパニーとは別に巡業用のツアーカンパニーを組織し全米各地で巡業を行ったり、シカゴやトロント、ロサンゼルス等の大都市でロングラン公演が行われることも多い。

 

逆に名声の確立した大スターであっても役のイメージに合わなければ採用されない。

 

実力がありさえすれば新人でもオーディションに合格することができるので、一夜にして無名の新人が大スターになることもある。

 

舞台装置は作品ごとに専用のセットと音響装置を舞台に作りこむのが普通で、劇場の設備を使用することはほとんどない。

 

ブロードウェイやウエスト・エンドでは、上演が始まると客足が落ちて収益が見込めなくなるまで興行が続けられる。

 

新たな作品の制作には短くても1年以上の期間をかけることが多く、カンパニーと呼ばれる単位でミュージカルを制作する。

 

また、ワールドツアーカンパニーを組織して世界各地を従業して回ることもある。逆に失敗作であれば数日で容赦なく打ち切りとなる。

 

プロデューサーが企画を立てて出資者を募り、オーディションで出演者を選抜してカンパニーを構成する。

 

これとは別に、オフ・ブロードウェイまたはオフ・オフ・ブロードウェイと呼ばれる小規模な劇場で実験的に上演し、好評であれば次第に大きな劇場に移るやり方もある。そのため、ヒットした作品は何年でも上演を続けられ、数年、数十年に及ぶロングランとなる作品も少なくない。

 

ヒットしそうな作品に仕上がるとブロードウェイでの上演を行う。

 

ブロードウェイ・ミュージカルの場合、まずトライアウトと呼ばれる地方公演で観客の反応を見ながら作品の手直しを行う。

 

時には曲や演出の大幅な変更、スタッフ、キャストなどの大幅な入替えを行う。

 

 


★日本


どんなに大ヒットしても1ヶ月でクローズするので、1ヶ月分以上の収益を見込めず、できの良い作品が高い収益を継続的に生み出すことが難しい形態となっている。

 

また、上演し続けることで手直しを加えながら完成度を高めていくことも難しいため、自然と事前に集客力を見込める、知名度の高い既存のスターを中心とした座長芝居やブロードウエイやウェストエンド作品になりがちで、個人客よりも安定した動員を見込める団体客による集客も営業上重要になる。

 

日本では、ミュージカル公演は劇団四季、宝塚歌劇団、ふるさときゃらばん、音楽座ミュージカル/Rカンパニーなどに代表される劇団形式と東宝、ホリプロなどの製作会社によるプロデュース方式が混在している。

 

また、製作のほとんどが東京を中心とする首都圏で行なわれ、地方都市は宝塚歌劇団を除くと実態としては皆無である。

 

劇場の契約が月ごとのため、毎月演目が変わるレパートリー上演が主であり、専用劇場を持つ劇団四季以外はロングラン上演方式を採用していない。

 

 


バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ