レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■グリザベラ、アロンゾ・・・

キャッツに登場する猫 たちです。

 

出てくる猫、全部に名前がちゃんとついているんですね。

 

本当に、すばらしい。

 

名前も、一つ一つ、個性的で素敵です!

 

 


 

☆アドメタス(Admetus、コーラス)


若い猫。
各種公演版の多くでマキャヴィティとのダブルキャスト。
日本版等、幾つかの公演版では登場しない(日本版ではマキャヴィティはマキャヴィティという名前でコーラスに参加している)。

 

☆アロンゾ(Alonzo、バリトン)

 
アメリカ版とドイツ初演版では黒と金色の猫。
しばしば、マンカストラップから派生した猫の位置づけとなる。
少しセクシーな黒と白のオス猫。

 

☆アスパラガス(Asparagus、バリトン)

 
舞台版では、アスパラガスとガスは同じ俳優が演じる。映像版ではガスとアスパラガスは別の猫(俳優も異なる)。
コーラスパートでは若い猫であるアスパラガス、「ガス~劇場猫」のナンバーでは年寄り猫とグロールタイガーとなる。各種公演版で、ガスを演じる役者がバストファー・ジョーンズを演じる。


劇場猫(the Theatrical Cat)ガス(Gus)。


("劇場猫"以降は若いアスパラガスとしてコーラスに参加)。

 

☆ビル・ベイリー(Bill Bailey、コーラス)

 
タンブルブルータスと取替え可能な役として扱われる。
黒と白とブラウンの若いオスの猫。
日本版等、幾つかの公演版では登場しない。

 

☆ボンバルリーナ(Bombalurina、メゾ=ソプラノ)

 
ディミータと親密。
メス猫のリーダーである女王("Queen")猫であると見られることが多い。
セクシーな赤いメス猫。


 
☆バストファー・ジョーンズ(Bustopher Jones、バリトン)

 
25ポンド(約11.5kg)ある太っちょ猫。
上流階級街である「セント・ジェームズ街」に住む猫として、みんなに敬意を払われている。
お洒落なタキシードを着てスパッツをはいている。

 

☆カーバケッティ(Carbucketty、テノール)

 
パウンシバル(Pouncival)と取替え可能な役として扱われ、幾つかの公演版では登場しない。
カーバケッティはT.S.エリオットの「ドタバタ芝居の猫(knockabout cat)」から取られている名前。

 

☆カッサンドラ(Cassandra、ソプラノ)

 
モールの尻尾と巻き毛のカツラ。

日本版公演の何回かにおいて、タントミールと名前がついた。
茶色とクリーム色のバーミーズ(Burmese,en:Burmese cat)。
特徴的な猫で、どこかミステリアスな雰囲気を持つ。


 
☆コリコパット(Coricopat、コーラス)

 
タントミールと二卵性双生児でオス猫。
優れた直感力を持つ、あるいは超自然的な能力を持つ猫として登場する。
幾つかの公演版では登場しない。

 

☆ディミータ(Demeter、アルト)

 
ボンバルリーナと親密。
はねっ返りながら少し神経質な所もあるメス猫。
欧米の"キャッツ"私設ファンクラブの多くは、ディミータの性格は彼女の過去(以前にマキャヴィティに襲撃された経験があるのかも知れない)が何らかの悪影響をもたらしているためと考えている。


 
☆エレクトラ(Electra、メゾ=ソプラノ)

 
オレンジと黒のブチの子猫。
エトセトラ(Etcetera)と同じく、ラム・タム・タガーのファン。

 

☆エトセトラ(Etcetera、メゾ=ソプラノ)

 
 ラム・タム・タガーの大ファン。

幾つかの公演版では登場しない。楽しげで活発な性格の子猫。


 
☆エグゾティカ(Exotica、コーラス)

 
フェミ・タイラー(en:Femi Taylor)のために特に作られた役(フェミ・タイラーはタントミールのオリジナル・キャスト(初演女優))。
映像版のみに登場するメス猫。

 

☆ジョージ(George、コーラス)

 
幾つかの公演版では登場しない。

オスの子猫。


 
☆ギルバート(Gilbert、あるいはGhengis、ソプラニスタ)

 
サイアミーズ(シャムネコ軍)のリーダー。
グロールタイガー追討の指揮を執っている。
通常、マンゴジェリー、タンブルブルータス、コリコパットを演じる役者が演じている。

 


☆グリザベラ(Grizabella、ソプラノ)

 
かつては魅力的な猫だったが今や美貌を失い、ただ受け入れられることのみを望んでいる猫。


 
☆グリドルボーン(Griddlebone、 コントラルト)


フワフワした白いペルシャ猫。

レディ・グリドルボーン(Lady Griddlebone)。
ほとんどの公演版でジェリーロラムと同じ女優により演じられ、グロールタイガーのナンバーがカットされる時は登場しない。
グロールタイガーの愛人。
"The Ballad of Billy McCaw"、あるいはイタリア語のアリア"In una tepida notte"をアレンジしたものをグロールタイガーと共に歌いあげる(何を歌うかは各公演版により異なる)。

 

 

バストファー・ジョーンズが11.5kg、私が飼っていたニャンコは、メスでしたが、一番大きくなった時でも3kgなかったんですよね。

 

どれだけ大きな猫だったんでしょう!

 

子供服のサイズで80cmが1歳用。体重は11kg平均となっています。

 

ということは、1歳の子供位の大きさの猫ということか~

 

 

 バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ