レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■床は大切

バレエやジャズダンス、踊るのには何といっても床が大切です。


社交ダンスは特に踊るスペースそのものをプロアと言ったりするくらい!


かたい床、タイルの上などで踊ったこともありましたが、足腰が痛くなり、後で大変な目に合いました。


そこで、フローリングってどうやって作るのかな?と思い、ちょっと調べてみることにしました。

 

 

 


材料としては、楢、オーク、チーク、花梨などの硬い木が選ばれることが多いが、檜、桐、杉といった質感のよい木材を好んで使うこともある。

 

ただし英語の flooring は単に『床材』という意味であり、リノリウムや和室の畳も英語では flooring である。

 

また竹を使ったフローリングもある。

 

歴史1913年、北海道から主としてヨーロッパに輸出されたナラ材の端材を処理するため製造が始まったとされる。

 

近年では、建築様式や需要の多様化に伴い、単層のフローリングのほか、複数の素材で構成された複層(複合)フローリングが多く生産されるようになっている。

 

長さ、幅は様々であるが、厚さは12mm~15mmが一般的である。

 

材料 一般的には、一方の側面が凸、他方の側面が凹になった形状の本実(ほんざね)加工を行った木材で、これを多数噛み合わせることで、床全体を隙間無く覆い、施工する。

 

一般に、表面保護のためワックスを塗布して用いる。

 

カーペットや畳と比較して、光沢があるために見た目の高級感があり、平滑であるため清掃しやすく、ハウスダストやダニなどが低減できる。

 

一般の住宅の他、公共施設でも広く用いられており、体育館では仕上げに鉋がけを行うフローリングが用いられる事が一般的。

 

フローリング、フロアリング(flooring)とは、床を覆うための木質系の素材、およびそれらを用いた床のことである。

 

また、強度、耐磨耗性などの点でも優れている。

 

 

 


バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ