レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■演出があるから舞台

舞台の仕事は、楽しかったけれど、ある意味では演出家のとの戦いでもありました。


舞台上に表現したいと願っている事を、演出家に認めてもらえない時、無理難題を簡単に言いつけられた時・・・


せっかく用意した物をボツにされた時・・・まだまだあります。


自分の生徒をけなされたり、傷つけられたり。


でも、それもこれも、舞台にかける情熱がそうさせるのです。


そうは分かっていても、辛い時、多かったな~~

 

本当に舞台って厳しいものですね。


だからハマってしまうんですよね!!

 

さて、その厳しい演出家について、調べてみましたよ。

 

 

 

 

演出家(えんしゅつか)は、演劇、オペラ、舞踊等の舞台作品や、ラジオドラマ、テレビドラマ、アニメーション等の音声・映像作品の演出をする人。

劇場用映画の演出をする人は、一般に映画監督と呼ばれる。


演劇は複数の人間・芸術分野のコラボレーションから成り立つ芸術だが、一つの劇をつくる際に必要な様々な部門の中でも、演出家は戯曲の解釈、コンセプトや作品の芸術的方向性、表現手法などについて具体的なヴィジョンを持ち、なおかつ最終的な決定権を握っている。

 

その解釈に基づき、演出家は作品づくりにたずさわる他の人々、即ち俳優や、舞台美術家・衣装デザイナー・舞台照明家・舞台音響家などの舞台スタッフ、制作者らと共同で作業を進めていく。

 

また、公演期間中における作品クオリティの維持を、舞台監督ではなく演出家が管理するカンパニーも少なくない。

 

この稽古の過程で、俳優の演技や他の舞台スタッフの提案したプランに影響されたり、時には予算の問題などによって、初期コンセプトに変更が加えられることもある。

 

演出家は稽古場での稽古を取り仕切り、俳優の戯曲の解釈をサポートしたり、彼らの演技を演出家の持つヴィジョンに沿う方向へと導いていく。

 

演出家の仕事は通常、本番開始後には舞台監督に引き継がれる。

 

そのために俳優の演技や、舞台に必要な様々な要素をコーディネートし、演出していく。

 

演出家の職務は、劇を作品的成功に導いていくことである。

 

演出家のすべき第一の仕事は戯曲、脚本の解釈である。

 

以上の説明は、カンパニーの持つ方法論によってかなり異なる場合がある。

 

通常、演出家が最も長い時間過ごすことになる仕事の現場は稽古場である。

 

例えば、主演俳優である座長が最終的決定権を握っているような場合もあり得るし、戯曲を用いずに集団創作していくカンパニーでは、当然ながら演出家の第一の仕事は戯曲の解釈ではない。

 

その場合、舞台監督は演出家の定めたコンセプトや劇の進行を、公演期間中維持する責任を持つ。

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ