レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■ゴム~レオタードには欠かせない

ゴム (蘭: gom)、あるいはガム (英: gum) は、元来は植物体を傷つけるなどして得られる無定形かつ軟質の高分子物質のことです。

 

だが現在では、後述の天然ゴムや合成ゴムのような有機高分子を主成分とする一連の弾性材料すなわち弾性ゴムを指すことが多い様です。

 

これらの材料はある温度範囲で、ゴム弾性を持つゴム状態となります。

 

エラストマー (elastic polymer) の一種であり、エラストマーはゴムと熱可塑性エラストマーの二つに分けられます。

 

☆由来

 

 
古代や中世においては、今日の英語で gum、フランス語で gomme、ドイツ語で Gummi などと一群の欧州言語で表記される物質は、アルコールには不溶だが、水を含ませると著しく膨潤してゲル状になり、種類によってはさらに水を加えると粘質のコロイド溶液となる植物由来の物質を指しており、主として多糖類から構成されています。

 

逆に、水には不溶だがアルコールには溶ける植物由来の無定形の樹脂はレジン (英語: resin) と呼ばれます。

 

こうしたゴムの代表がアラビアゴムであり、また似たものにトラガカントゴムやグアーガムがある。近代の発酵工業によって新たに登場した類似物質として、キサンタンガムが知られています。

 

これらは食品の粘度を調整したり(増粘多糖類)、接着剤、あるいは水彩絵具の基質として用いられてきました。

 

これらは弾性ゴムが一般的となってからは水溶性ゴムと呼ばれています。

 

16世紀になってヨーロッパ人が中南米の文化や自然産物と接触するようになってから、彼らが古くから知っていたゴム(ガム)に似ているが、それらにはない新しい性質を持った植物由来の物質がヨーロッパ社会に知られるようになり、また導入され、古くから知られていたゴム(ガム)と同じ範疇の物質としてゴム(ガム)と呼ばれました。

 

これらは植物体に含まれる乳液(ラテックス)を採取し、凝固させることによって得られるものでした。

 

その中のひとつはチクルの幹から得られ、人間の体温程度の温度で軟化するもので、噛む嗜好品として用いられていました。

 

もうひとつ、パラゴムノキの幹から採取されるラテックスを凝固させたものは著しい弾性を持ち、後世ヨーロッパで産業用の新素材として近代工業に欠かせない素材として受容され、発展することとなりました。

 

そのため、パラゴムノキ以外の植物からの同様の性質のゴムが探索され、また同様の性質を持つ高分子化合物の化学合成も模索されることとなりました。

 

この一群のゴムを弾性ゴムと呼び、イギリスの科学者ジョゼフ・プリーストリーが鉛筆の字をこすって (rub) 消すのに適することを報告したこと(消しゴムの発祥)から、英語ではこするものを意味するラバー (rubber) とも呼ばれることとなりました。

 

さらに天然のゴム類似物質としてガタパーチャ(グッタペルカ)があります。

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ