レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■思い出の夏

最近は暑いですね。

 

私は北海道なので、そうでもないのですが、でもやはり暑い日は暑いです。

 

だけど、皆様の苦しみから比べたら本当にかわいいものだと思うのです。

 

私は、10年くらいの間ですが、百貨店に勤めていました。

 

その間、夏の冷房は本当に苦手でした。

 

毎年6月くらいから店内がひんやりとしてきます。

 

暑いといっても北海道なのですから、そんな我慢できないほどではないのです。

 

男性は背広を着ているから暑いのでしょうけれど、夏は半袖のブラウスが制服の女性にはたまりません。

 

いつもカーディガンを羽織っていました。

 

10年その生活を続けていたら、すっかり冷房病になってしまいました。

 

とにかく、冷房や扇風機にあたるとすぐに頭痛がするのです。

 

今ではやっと治りましたが、百貨店の仕事を辞めてからも数年の間は冷房病に悩まされていました。

 

ずいぶん何年も前の事ですが、その冷房病の真っただ中の時、私はダンスを習いに東京へ行ったんです。

 

夏の一番暑い時でした。

 

飛行機を降りて東京の地を踏んだ時の、あの暑さ。びっくりしました。

 

飛行機のエンジンとかそういう機械の熱風だと思ったんです。

 

まさかこれが気温??と気付いた時のショックは今でも忘れられません。

 

東京の新宿にホテルを予約してありました。

 

私はホテルに行く前に、少し休もうと思って、ファストフードのお店に入りました。

 

入るとキンキンに冷房がきいていて、うわっ、頭痛くなりそう・・・でも仕方ない我慢しないと・・

 

とても混んでいて、座るところあるかしら??と思いつつ注文カウンターへ・・・

 

「お席が満席で、今は二階のお席しかあいてないのですが・・・」

 

私は二階でもいいですよ、と言いました。すると・・・

 

「でもお客様、実は二階は冷房が故障しているのです・・・もしもそれでもよろしければ・・」

 

私は冷房が嫌いなので、それでも構いませんよ、と言いました。

 

それで注文した飲み物などを持って二階へ行ったんです。

 

するとどうでしょう!!!

 

冷房がなくても、ちょっと暑いの我慢すればいい~という程度の札幌の感覚でいた私はまたビックリ!

 

外の暑さから一度冷房のきいた部屋に入ると、冷房のない部屋がどれほど暑くて不快なものなのか!!!

 

二階は息も出来ないほどの熱気でした。

 

お店の従業員も、あまりの暑さに二階に上がって来ないものですから、何時間も前に人が食べ散らかしたものや、床にこぼれおちたドロドロの飲み物・・などがたくさんあり、うっっ!となりました。

 

それでも仕方がないから、席に座って休みましたが、なおさら疲れて具合が悪くなる一歩手前。

 

すぐに外に出ました。でもやはり暑いのは変わる訳もなく・・・

 

ホテルについて部屋に入ったら、またキンキンキン!!に冷房が入っていて、うわっ!でも涼しい方が許せる今なら・・

 

でもすぐにまた頭痛がしてきて冷房スイッチを切る私。

 

暑いけど、夜になったら少しはよいはず・・・

 

北海道は、日中暑くても夜は涼しくなりますから、窓を開けたまま寝てしまうと冷えて風邪をひいてしまう事もあります。

 

またそんな甘い考えでいたら、夜になって窓を開けても涼しい訳がなくて、ショック。。。

 

その上車の音がうるさくてうるさくて、耐えられません。

 

そんな感じで寝ようと思っても眠れずに、仕方なく窓を閉めて、冷房もつけないで耐えていました。

 

明け方、また仕方なく窓を開けました。でもやっぱり涼しい風は入ってきてくれなくて・・・

 

それどころか窓のすぐ近くの看板か何かに、大きなカラス(近くで見たから大きく感じただけかも)が飛んできてとまり、私に向かって

 

「ガーーーー!!」

 

と・・・

 

なめんな東京!とカラスに怒られたみたいに感じて、とても悲しくなったのを、今でも思い出します。