レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■眠り~グリム、ぺロー、バジレ~

眠れる森の美女

 

民話のため、さまざまなパターンがあります。


☆グリム版

あるところに子どもを欲しがっている国王夫妻がいた。

 

ようやく女の子を授かり、祝宴に一人を除き国中の12人の魔法使いが呼ばれた(13は不吉な数字であった為と見られる、またメインディッシュのため賓客に供する金の皿が12枚しかなかった為とも)。

 

魔法使いは一人ずつ贈り物をする。宴の途中に、一人だけ呼ばれなかった13人目の魔法使いが現れ、11人目の魔法使いが贈り物をした直後に"王女は錘が刺さって死ぬ"という呪いをかける。

 

まだ魔法をかけていなかった12人目の魔法使いが、これを修正し「王女は錘が刺さっても百年の間眠るだけ」という呪いに変える。

呪いを取り消さなかったのは修正以外不可能だったため。

 

王女を心配した王は、国中の紡ぎ車を燃やさせてしまう。

 

王女は順調に育っていくが、15歳の時に一人で城の中を歩いていて、城の塔の一番上で老婆が紡いでいた錘で手を刺し、眠りに落ちる。

 

呪いは城中に波及し、そのうちに茨が繁茂して誰も入れなくなった。

 

侵入を試みた者もいたが、鉄条網のように絡み合った茨に阻まれ、入ったはいいが突破出来ずに皆落命した。

 

100年後。近くの国の王子が噂を聞きつけ、城を訪れる。王女は目を覚まし、2人はその日のうちに結婚、幸せな生活を送った。

 

 

 

☆ペロー版の相違点

 

誕生の予告はない。

 

ここでは仙女と表され、8人登場する。魔法をかける順番はグリムの徳・美・富...とは違い、美・徳そして富はない。

 

また、グリムでは12枚の金の皿であるが、ここでは7枚の金の箱入りの食器となっている。

 

眠りにおちた王女を悲しみ王と王妃は王女に別れを告げず城を去ってしまう。

 

他の者たちは妖精の魔法により眠らされてしまう。

 

グリムとの大きな違いは王女は王子のキスで目覚めるのではなく、100年の眠りから覚めるときがやってきていたため、自分で目を覚ます。

 

また、グリム版では省かれたと思われる、2人の結婚の後の話が残っている。

 

「王女は2人の子供をもうける。しかし、王子の母である王妃は人食いであり、王女と子供を食べようとする。そこを王子が助け、王妃は気が狂い自殺してしまう。」といった内容である。

 

 

 

☆バジレ版の相違点

 

誕生の予告、祝福はない。

 

王女にはタリーアという名前がある。

 

タリーアの誕生の祝宴で呼ばれていた占い師が"麻糸が王女に災いをもたらす"と宣言。

 

眠りにおちた王女を悲しみ、父親は別れを告げて、この悲しみを忘れるために城を去る。

 

他の者たちの描写は一切ない。

 

その後、鷹狩りで偶然たどり着いた王が、眠る王女を見つけ、あまりの美しさに我慢出来なくなり愛の果実を摘む。

 

そして王国へ帰り王女のことを忘れてしまう。

 

王女は寝ている間に双子を出産し、麻糸がとれて目を覚ます。

 

思い出した王は王女に会いに行き、出産を喜ぶ。

 

とりあえず王国に帰った王であったが、王女のことが気にかかり、王妃はそれに気づく。

 

嫉妬した王妃は王の名前を装い、双子を呼び寄せ殺し、スープにして王に食べさせようとするが、子供に同情した料理人が子山羊とすりかえる。

 

次に王妃はタリーアを呼び寄せて火焙りで殺そうとしたが、王が助けにはいり、子供をスープにして飲ませたという話をきいて王は怒り狂い、王妃を火の中に投げ込む。

 

 

 バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ