レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■種目による規定

☆各種目におけるプログラムの規定
共通事項として、フィギュアスケートのルールは非常に細かく定められており、クラス毎に規定に若干の違いがあります。

 
男子シングル シングル

男子女子ともに、シングルスケーティングのプログラムには、ショートプログラムとフリースケーティングがあり、先にショートプログラムが行われます。

大会によっては、ショートプログラムで所定の順位に入った者のみでフリースケーティングを行うこともあります(冬季オリンピックなど)。

 

ペア
ペアのプログラムも、シングル同様ショートプログラムとフリースケーティングがありますが、こちらは男女2人でしか表現できない技に重点が置かれます。

演技の中には失敗すると危険な要素も多く、フィギュアスケートの中でも、最もアクロバティックな競技と言われています。

 

アイスダンス
アイスダンスは、ペア同様、男女2人で競技されるが、こちらはリフトやジャンプは制限されており、ステップの技術が中心となります。

氷上の社交ダンスとも呼ばれています!

2009シーズンまではコンパルソリーダンス、オリジナルダンス、フリーダンスの3つのプログラムが行われましたが、2010シーズンより、ショートダンス、フリーダンスの2つのプログラムに変更されました。

 

 

☆採点法

ISUジャッジングシステム
現在の採点法。以前に用いられていた採点方法に対する呼称として便宜上「新採点システム」と呼ばれることも多い。

 

かつての競技と採点の方法(旧採点方法)
ISUジャッジングシステム施行以前の2002年までに行われていた採点方法の総称です。

 

ISUジャッジングシステム=コード・オブ・ポイント
ISUジャッジングシステム=コード・オブ・ポイント(CoP)は、国際スケート連盟(ISU)が規定しているフィギュアスケート競技の採点法。

 

CoPでは各種目毎に技術点、構成点、ディダクションを算出し、それらを合計した総合得点によって勝敗が決定します。

なお総合得点が同点だった場合は、フリースケーティングまたはフリーダンスの得点が高い選手が上位に、それぞれの種目においては同点だった場合は構成点の高いほうが上位となり、構成点も同点の場合には同一順位とされます。

 

ソルトレイクシティオリンピックにおけるフィギュアスケート・スキャンダルを機に考案され、それまでの6.0システムに替わり、ISUが承認する全ての国際大会で用いられています。

切り替えは段階を踏んで行われ、まず2003-2004シーズンのISUグランプリシリーズに試験的に導入、2004-2005シーズンからは本格的にISUフィギュアスケート選手権に導入されました。

それ以外の国際大会や各国国内大会においては、導入年度にばらつきがあります。

6.0システムに対する呼称として、「new judging system(新採点システム)」と記載されることもあったが、2007年以降にISUが公開した文書にこの呼称は使われていません。

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ