レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■採点

☆技術点


技術点は選手が実行した各規定要素に対して与えられる得点の合計点である。

 

各要素の得点は基礎点とGOEによって以下の手順で算出される。

 

技術審判が演技をスロー再生で確認し、選手の実行した要素が何であったかを判定する。ここで、その要素に対応した基礎点が決まる。


演技審判が技のできばえを、-3から+3のGOEで評価する。

 
各要素毎に、最高評価及び最低評価を与えた演技審判の評価が除外される。


残された審判が与えた評価を、ISU規則322号の表に基づいて点数に変換する。

 
変換された数値の平均値を算出する。


基礎点に、GOEから算出された数値を加味し、最終的な要素の得点とする。

 
なお各要素の規定などは各種目毎のページ(シングルスケーティング、ペアスケーティング、アイスダンス、シンクロナイズドスケーティング)を参照のこと。

 

 

☆基礎点

 
基礎点は実行した技の評価の基礎となる得点である。各要素の基礎点は要素の入り方と回転数、レベルによって算出される。

 

 

☆要素の入り方

 
その名の通り、各要素を開始時の動作。ジャンプ要素やリフト要素では踏み切り、スピン要素ではフライングであるか否かに該当する。

 

 

☆回転数


ジャンプ要素及びツイストリフトで選手が実行した回転の数。

 

ジャンプ要素の回転数は、ジャンプの空中での軌道を基準とし、踏み切り動作から着氷に至るまでに何回転したかによって決まる。

 ツイストリフトの回転数は、女性の踏み切り動作から女性の体が男性に支えられるまでに何回転したかによって決まる。

 

 

☆回転不足(アンダーローテーション)

 
回転が軽度に不十分である(回転の不足分が1/4回転以上1/2回転未満)と判断された場合、選手が挑戦した回転数のジャンプの本来の基礎点の70%(小数第1位未満四捨五入)がジャンプの基礎点として与えられる。

 

なおメディアなどではこの70%の基礎点を中間点と表現することが散見されるが、CoPの正式名称ではない。

 

 

☆回転不足(ダウングレード)

 
回転が重度に不十分である(回転の不足分が1/2回転以上)と判断された場合、選手が挑戦した回転数のジャンプより回転数が1回転少ない同じ種類のジャンプの基礎点が与えられる。

 

例えば4回転トウループに挑戦した場合、回転が十分(回転の不足が無い、または回転の不足分が1/4回転以下)であると判断された場合は4回転トウループの基礎点10.3が与えられ、回転が1/4回転から1/2回転不足していると判定された場合は4回転トウループの基礎点の70%にあたる7.2が、回転が1/2回転以上不足していると判定された場合は3回転トウループの基礎点4.1がそれぞれ与えられます。

 

ジャンプ同様に回転数が判定されるペア競技のツイストリフトに関してはアンダーローテーションに該当する判定は無く、回転の不足分が1/2回転以上の場合のみダウングレードが適用されます。

 

 

☆レベル


ジャンプ要素以外の全ての要素ではレベルによる判定が行われる。

 

各要素のレベルは、要素の実行に際して、ISUが規定する工夫がいくつ含まれているかによって決まる。

 

行われた工夫が基準を満たしているかどうかを技術審判が判定し、認められた場合のみレベル獲得要件として数えられる。

 

4つ以上の工夫が認められればレベル4、3つの工夫が認められればレベル3、2つの工夫が認められればレベル2、認められた工夫が1つ以下の場合はレベル1となります。

 


GOEとは・・・
GOE(Grade of Execution)は、演技審判によって0をベースとし-3から+3の7段階で評価された各要素のできばえである。

 

要素毎にそれぞれ評価の観点(着眼点)が設定されています。プラス評価の対象についてはやや抽象的な表現がされているが、マイナス評価の対象については具体的に定められています。

 

☆演技審判GOCを決める手順


要素の中でプラスに評価するべき点を探し、0 - +3の評価を与える。

 
要素の中でマイナスに評価するべき点を探し、1で出した数値に0 - -3を加える。

 
上記の手順から分かるように、要素の中にマイナス評価の対象となるものが見られても、同時にプラス評価の対象となるものがあれば、結果的にプラス評価となることがある。

 

ただし、ある特定のミスがあった場合は、必ずGOEを一定以上のマイナスにしなければならないという規定があります。例えば、着氷でステップアウトしたジャンプに対しては、そのジャンプにどんな優れた点があっても、-1以下の数値でGOEをつけなければなりません。

 

 


バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ