レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■次はどんな人になるの?

 

映画ばかり見ているようですが、ちゃんと仕事もしているんですよ・・・

 

アカデミー賞の常連?みたいなメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンの映画にくぎ付けになりました。

 

wowowは本当にありがたいです~。

 

「ダウト~あるカトリック学校で~」

 

メリル・ストリープは本当にどんな人にもなれちゃうんですね!

 

今回はすごっく厳しい、カトリック学校の校長先生の役でした。

 

フィリップ・シーモア・ホフマンは誰からも尊敬される神父様。

 

映画が始まった時は、この二人、メリルの方が悪い印象なんです。

 

この校長先生(メリル)がどんな意地悪をするのか・・・?と思いながら見ていると、あれ??という感じ。

 

この映画では何人もがアカデミー賞にノミネートされたのだそうです。

 

校長室で、校長と神父様が二人きりになり、激しく言い争う場面がありますが、それはもう!圧巻。さすがアカデミー!!

 

迫力満点で、息も止まりそう!!

 

フィリップ・シーモア・ホフマンと言えば、私が観た映画では、かなり癖のある役どころばかりです。

 

とくに印象に残っているのは、「リプリー」かな。

 

あの、意地悪な感じと、気持ち悪~い感じ、本当に俳優ってすごいなーと思いました。

 

今回も、やはり癖のある役でしたが、それが「いかにも」ではないところがちょっと違います。

 

「絶対に良い人にちがいない、でも、もしかして変な人なのかも?」

 

なんて見ている人に思わせる演技なんて、いったいどうしたら出来るのでしょうね!

 

もちろん、演出やその他、撮影の技術や編集など、どれもが100%の力を出し合って、納得のいくものに作り上げていくのでしょうね。

 

映画作りに携わっている人は、きっと仕事が面白くて仕方ないだろうな~と思います。

 

私も、がんばろう!(映画は作れないけど、レオタードとか作るかな)

 

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ