レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■テンポよく、最後にびっくりします。

 

「情婦」という映画はとても古く(1957年)、白黒です。

 

タイロン・パワーとマレーネ・デートリッヒが夫婦の役で出演していますが、これは本当に面白い映画だと思います。

 

監督はビリー・ワイルダー。

 

アパートの鍵貸します、とか、七年目の浮気、麗しのサブリナなどの監督です。

 

前にも観たことがあったのですが、テレビで放送していたのでまた観てしまいました。

 

別に最後まで観なくてもよいと思っていたのですが、どんどん引き込まれて、結局最後まで観てしまいました。

 

映画の冒頭は、敏腕弁護士が、「すごくうるさい看護師」に付き添われて退院するところから始まります。

 

映画の中、この「すごくうるさい看護師」が本当にうるさいんです。

 

私も、あ~この人本当にうるさいな~こんな人がナースだったら、病気が悪くなるよ・・・なんて思いましたよ。

 

弁護士に何度も「シャーーーーラップ!!」と言われていました。

 

仕事の邪魔ばっかりしていて、イラつく~!

 

この映画の見所は、知っている人は多いかもしれませんが、何といってもラストの10分です。

 

どんでん返し!と思ったらまたどんでん返し!!

 

息をつく暇もありません。

 

そしてもう一つ小さいけど、おしゃれなどんでん返しは、「うるさい看護師」が実は・・・・・(これから観る人のため言わないの)

 

最後にニヤリとさせて、THE END となります。

 

監督のセンスが光る、面白い映画ですね。

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ