レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■オペラとボリショイバレエ

昔のことですが、イレク・ムハメドフが好きでした。

 

彼が当時活躍していたのはボリショイ!

 

イワン雷帝やスパルタカスなど、ビデオに録画して夢中になって何度も観たものでした。

 

そのボリショイのバレエや劇場、オペラについて、調べました。

 

 

 

ボリショイ劇場は管弦楽団とバレエ団を有しています。

ボリショイ劇場におけるオペラとバレエは、19世紀のロシア帝国の強大化を背景に、国民楽派の隆盛や西ヨーロッパのバレエ作品の上演によって西欧に比肩するものに成長していきました。

 

ただしバレエについては、帝政時代には、宮廷のあるペテルブルクの劇場に遅れをとらざるを得ませんでした。

 

ボリショイ劇場が名実ともに世界にロシアを代表する歌劇場となる転機となったのがロシア革命です。

 

ボリショイ劇場はソ連政府の国立劇場となり、全面的な援助、後援(それにともなう統制も含むが)を受けることになったのです。

 

 

☆オペラ


ボリショイ劇場ではロシアを代表する大作曲家のオペラ、楽曲が公演されてきました。

特に19世紀から20世紀にかけて、国民楽派の勃興、グリンカ、ロシア5人組に代表される音楽家の出現によって彼らの手になるオペラの上演が行われました。


また、チャイコフスキーは、交響的バラード 作品78 「地方長官 (Voyevode)」 をラフマニノフはオペラ 『アレコ』、『フランチェスカ・ダ・リミニ』 をボリショイ劇場で公演しています。


さらにこうしたオペラを後押ししたのが、ボリショイ劇場所属の歌手たちで、フョードル・シャリアピンを筆頭に名歌手の演技が評価されることとなりました。

 

 
☆ボリショイ・バレエ団による 『白鳥の湖』

 
ボリショイ劇場は、ボリショイ・バレエ団の本拠地であり、ペテルブルクのマリインスキー劇場とともにロシア・バレエの殿堂としての役割を担ってきました。


チャイコフスキーのバレエ 『白鳥の湖』 は、1877年にボリショイ劇場で初公演が行われました。


但し、上述の通り、バレエに関しては宮廷と貴族階級の庇護を受けていたペテルブルクに遅れをとっていたことは否めません。


1902年ボリショイ・バレエ団団長に就任したアレクサンドル・ゴルスキーは、ボリショイ劇場でのバレエ演目を増やすとともに、演劇改革運動に触発され、バレエの世界にも新風をもたらしました。

 


ロシア革命後は、モスクワ遷都に伴いレニングラードからバレエ、舞踊関係者(教育者、ダンサーなど)が次第にボリショイ劇場へと活躍の場を移していきました。


こうした人材によって新たな作品と後進が育成され、第二次世界大戦後はマリインスキー劇場から移籍したガリーナ・ウラノワの演技やスターリンの死後、1950年代後半から始まった国外公演によってボリショイ・バレエ団の名声は国際的なものに成長することとなったのです。


ボリショイ・バレエ団のレパートリーとしては、チャイコフスキーの三大バレエ(『白鳥の湖』 『眠れる森の美女』 『くるみ割り人形』)、ハチャトゥリアンの 『スパルタクス』 をはじめ、古典、新作を多く持つ。

ソ連崩壊後の近年は、西ヨーロッパ諸国の作品を手がける傾向が見られます。


 

 

バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ