レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■レオタード 語源

レオタードは私にとって人生そのものです。

 

そのレオタードの語源とは?

 

ちょっと調べてみました。

 

 

レオタードとは、19世紀のフランスの人気曲芸師だったジュール・レオタールという男性が、曲芸の演技中に体にフィットした服を着たことに由来する、と言われています。

 

現在レオタードと言えば主に女性用のものを指しますが、バレエに用いるレオタードは男性用のものもあり、形状はほぼ女性用と同じワンピースタイプとなっています。

 

このジュール・レオタールは、1859年に世界ではじめて空中ブランコをした人物としても有名です。

 

当時のヨーロッパでは、曲芸は王宮のスポーツ芸術でした。

 

体の躍動感をはっきりと強調する為の衣服がレオタードの発祥です。

 

故にレオタードの機能性は当時から大変高く、現在でもアクロバット系の演技や、ダンス、器械体操などのスポーツでは欠かせない衣装となっています。

 

現代のレオタードはスポーツメーカーの研究開発により、時代の最先端を行く繊維素材が用いられ、体操等の極限の動きが要求されるスポーツ分野では、空気抵抗に優れたデザイン、筋肉の動きをサポートする機能など、特殊な機能を持たせたレオタードの開発が日進月歩で続いており、今やスポーツ選手の記録更新に欠かせない存在となっています。

 

私が個人的に思う理想のレオタードは、着ていて圧迫を感じない、楽なもの。

 

身体に合ったものが一番だと考えています。

 

そして次に大事なことは、自分のお気に入りの形であること。

 

胸が広く開きすぎている、背中が開きすぎている、ハイレグすぎる・・・などなど、気になるところがあるとレッスンに集中することができません。

 

当店では、お客様一人一人のお好みに合わせてお仕立て致しますので安心です。

 

どうぞご自身のお気に入りの形を、お知らせ下さいませ。

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はレオタードミラーへ