レオタード ミラー

お客様の声

社交ダンス
【ジュブナイル】

ジュブナイル用レオタード

レオタード子供用

子供用レオタード

ノースリーブ子供

キャミソール普通タイプ子供

キャミソールオペラタイプ子供

半袖子供

五分袖子供

フレンチスリーブ子供

七分袖子供

長袖子供

私が作っています

バレエ用品の仕立てならミラーへ
レオタードミラー店長

佐藤 典子
(踊りは何でもスキ)

まとめ買いがお得です

店主は、長年のダンス愛好家です。その経験と洋裁の技術を生かし、踊りやすく、≪着心地の楽なレオタード≫を製作、通販しています。どれも良い生地で丁寧に縫いました。たくさん欲しいお稽古着ですから、お求め安い価格でご提供します。様々なダンスのレッスンにどうぞお試し下さい。

■どこでどうやって技を磨くか

 

昨日、社交ダンスのパーティーに参加しました。

 

大きな会場、体育館みたいなところで行われる、ダンスパーティーです。

 

私はそのパーティーに参加するのは今回で3度目でした。

 

前に出席した時から、もう大分月日が経っています。2年くらいかな・・・

 

その間日々練習していますから、ダンス、上手になったはず・・・

 

前は踊れない種目もあったけれど、今はほぼ、大丈夫です。

 

そして、張り切って参加しました。

 

結果は、う~ん・・・という感じです。

 

前よりは男性のリードがわかり、踊れるようになったのは確かですが、実はもうちょっと出来るかと思っていました。

 

こんなに一生懸命レッスン受けているのに、まだ習ったことのないステップが沢山あるんです。

 

ちょっと悔しい感じがしました。

 

ちょっと悔しいことがもう一つ。

 

やはり、踊れる人というのは、教室でまじめにまじめにレッスンを受けている人ではなくて、ダンスホールなどで実践を重ねている人!

 

要するに、よく遊んでいる人。

 

ということが分かりました。

 

私ももっと遊ばないとダメなのでしょうか???

 

遊ぶのはダメなことではないけれど、踊りを練習することと遊ぶことが同じ、と思うのはどうもまだ抵抗があるようです。

 

バレエやジャズダンスを習っている期間が長かったので、なおさらそう思うのかもしれません。

 

しかし、そうも言ってられない。

 

もうちょっと柔軟に、考えるようにしたいです。

 

 

 

 

バレエ用品やレオタード 通販はleotards-mirror.comへ